ブラジル名物腐れ肉と糞まみれ政界

ブラジル大統領、辞任を拒否 汚職関与疑惑否定
[ブラジリア 18日 ロイター]

少し前にブラジルの食肉検査官と食肉会社の癒着から、食用に適さない肉が出荷された事件が、ブラジル産肉製品の輸入国である日本でも問題にされたことがあった。

これに関しては違反はなかったようであるが、名前が出されたJBSは急成長した食肉会社である。
何年か前までは聞いたこともなかったこのアルファベット3字の会社は、これまで大手であったサジアSadiaとかペルジゴンPerdigãoとか、以前はライバルだった食肉製品会社を買収して、全部グループに飲み込んでしまった。
勘違いをしていた。
サジアとペルジゴンが一緒になった後身はブラジル・フーズ(Brasil Foods S.A.)、現在の正式社名BRF S.A.である。
JBSの傘下商標で、家でもよく買っている、一番有名と思われるのはSearaセアラであり、2016年リオデジャネイロ五輪のスポンサーであったから、日本選手も食べたことと思う選手村の食事で出た肉はこの会社のものであった可能性が高い。(2017年5月23日訂正追加)

昨日のニュースでJBSの来歴を簡単に説明していたが、成長がすごい。
2006年にはゴイアス州の一食肉会社だったらしいが、2016年までの10年間に売上を40倍に伸ばし、1700億レアルに達して、27万人の従業員を抱える。
展開はブラジル国内だけでなく、食肉関連で有力な米国、アルゼンチン、オーストラリアに関連会社を持ち、米国だけで65拠点を数える。
買収手法はハゲタカファンドを想起させるのだが、傾きかけた食肉工場を買い叩いて再生させるという。

地方の一食肉会社がどうして短期にこれだけ急成長したのか不思議に思ってた人は多いと思うが、種がばらされれば何のことはない。
ITなどと違い「伝統的な」産業界で、あまりにも唐突に抜け出す場合には何かしらやましい理由があるという例である。

政府系銀行、つまり政権党が選挙に貢献した党員を上層部へ送り込む格好の場所なのであるが、その一つに国立社会経済開発銀行Banco Nacional de Desenvolvimento Econômico e Social、略してBNDESがある。
簡単に言ってしまえば、JBSは政治献金をするから融資しろと政治家に接近して、銀行上層部を動かしてもらい、一私企業に対しては最高額の融資を手にして国内外の企業買収をしたということである。
融資が焦げ付いたという話は聞かないから、まだまだ返済期は遠く、借りまくって残高急上昇中なのだろう。

今回は不正融資を受けてその資金が政治献金だけでなく、大統領が直接関わり汚職事件容疑者の口止めに使われたという容疑でブラジル政界が揺れている。
石油会社、建築業界に続き食肉業界も政界と関わっていたことが明らかにされた。

政治資金錬金術のしくみは基本的には一緒である。
贈り手よし、貰い手よし、納税者だけ泣きっ面、というよくある図式である。
献金するという餌で政治家を釣り上げて談合入札や不正融資で公金を過大に引き出して一部は働いてくれた政治家に、一部は頑張って会社に利益をもたらした自分にご褒美するのだが、この国ではどの政治家が賄賂を受け取って仕事をしてくれるのか見極めるに悩むことはない。
ほとんどどの政治家も金に飢えているから、全部当たりである。

つまり、ブラジルの政界は左も右も中道もうんこである。
どちらを見てもうんこだから肥溜めの中である。

ブラジルの怖さがわかるキーワード

“concertina”コンセルチーナという単語がある。
音楽に詳しい人はわかるかもしれないが、次を見れば誰でもわかるので試してほしい。

https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=concertina
上のリンクをクリックしてページに入ったら「画像」をクリックする
ご覧の通り楽器である。

https://www.google.com.br/?gws_rd=ssl#q=concertina
上のリンクをクリックしてページに入ったら”Imagens”をクリックする
現代ポルトガル語辞典には「手風琴」という訳語のみがあるが、画像を見るとこれ一色である。

楽器の「手風琴」が家庭にあるのはうれしいが、最近のブラジルはもう一つの方が町並みのあちこちの塀に見られるのが全く悲しく極めて醜い風景である。

パソコンやスマホの言語の設定や履歴の影響が出るかもしれないので、必ずしも同じ画像が出るかどうか保証できない。

バッハ作、味付け鸚鵡

OTTAVA(オッターヴァ)
を聞いていたら、
J. S. バッハ「適正律クラヴィーア曲集」、武久源造(フォルテピアノ)
と曲紹介があった。
平均律ではなくて適正律の方がよいというのだ。

通常よく使われるのは、
「平均律クラヴィーア曲集」
であって、Google日本語変換で 「へいきんり」まで打つと出てくる第一候補になっている。
ウィキペディア見出しも同じである。

しかし、この曲名のポルトガル語訳が困ったものなのだ。
この曲の英語名、The Well-Tempered Clavierも踏まえて読んでもらいたい。

O Cravo Bem Temperado (no original alemão: Das wohltemperierte Klavier)
と書いてある。
ちなみにカッコ内は原語ドイツ語である。

O CRAVO BEM TEMPERADO
と紙に書いて家族に見せて何を想像するか聞いてみた。

妻:クローブ(丁字)?
違う。
息子:オウム(鳥)?
もっと違う。
一体お前はオウムを調理して食べるのか?
息子:音が合った?
惜しいが、調律が合っているのはオウムではないぞ。

だいたい、temperadoの原形temperarは日本語の天麩羅の語源となったと言われるもので、bem temperadoといったら、「よく味付けされた」をまず思い浮かべる。

cravoも意味がたくさんある

  • カーネーション
  • クローブ
  • 馬蹄釘
  • にきび
  • (足の)うおのめ
  • (最後にようやく)クラヴサン

が辞書(現代ポルトガル語辞典、白水社)にのっている。

オウムという意味はどの辞書にもないが、よく聞く表現である。
MichaelisのDicionário Brasileiro da Língua Portuguesa(インターネット版)を見ると、「煩わしい人」という意味があるから、喋ったり叫んだりを止めないオウムもこれに入るのだろうか。
あるいは方言かもしれない。

Ave Maria(BWV 846 前奏曲)は聞けば誰もがわかると思うけれど、バッハ大先生には申し訳ないが、ごく普通のブラジル人に”O Cravo Bem Temperado”と言って、一発で曲名だと思いつく人は皆無に近いのではないか。

普通の日本人に「平均律クラヴィーア」と聞いたら、「一体それ何?」と言う答えが多いのだろうか?

音楽と料理を一緒にするなと言うかもしれないが、「平均な」味付けするより―そもそもbemに平均という意味はない―、「適正な」味付けしたほうがずっと美味いだろうから、武久氏の主張する曲名が良いように思う。

船の改造は危険か?

ブラジルのVale社が所有する韓国製の巨大鉱石船の戦略や、その内の一隻が座礁したことなどを昔書いた。

続編ではないが新ニュースである。

現在2人のフィリピン人船員が、韓国のPolaris Shipping社が運用するマーシャル諸島共和国船籍のStellar Daisy丸(外国の船に丸とつけるのも変な感じがするが)は、急速に沈んでいったと証言した。

積荷26万トンの鉄鉱石と共に、16人のフィリピン人船員と8人の韓国人船員が乗船したこの巨大船は、リオデジャネイロ州のイタグアイ港を先週出発して中国へ向かっていた。

全長312メートルの巨大船から会社への最後の通報は2017年3月31日金曜日にあり、船への浸水について訴えたという。

「生存者たちは大音響を聞いた。すぐに乗組員は、船は割れつつあって、直ちに退船するように言われた」
と、ウルグアイ海軍の報道官がBBC Brasilに語った。

2人のフィリピン人は海に飛び込んでから、水面に放たれたボートの一つにたどり着くことができた。

ブラジル海軍によると、Stellar Daisy丸はモンテヴィデオから3千7百キロ、リオデジャネイロから2千5百キロの海域で消失した。

ウルグアイ海軍報道官によると、残りの22人を捜索中であるが進展は今のところ無く、時間が経つにつれその可能性は少なくなってゆく。

捜索はブラジル海軍とアルゼンチン海軍の協力の下、ウルグアイ海軍により行われている。ブラジルのフリゲート艦が木曜日に遭難域に到着予定で、ブラジルの航空機が生存者を求めて上空を飛行している。

「現在のところ原因は不明だ。生存者は沈むのを見た。非常に速かったと言った。本当に船体が分断したかは言わなかった」ウルグアイ海軍報道官は話した。

巨大であるが、Stellar Daisy丸は何隻かの救命ボートしか形跡を残していない。海域の商船が発見したそれらボートは空だった。

捜索域には強い燃料臭があったという。そのため燃料タンクの破断か機関室への浸水が疑われる。

遭難地は公海であるが、ウルグアイ政府が捜索と救命に責任を持つ海域である。

金曜日から遭難地付近を航行している商船は捜索に駆けつけて、2人の生存者もそれらの1隻にいるらしい。

「彼らの健康状態は悪くないので、その船の手当で十分である。」
と報道官。

彼らは金曜日から翌土曜日まで24時間ほど救命ボートで救助を待っていた。

その船、エルピーダ丸はシンガポールへ向かっていたが、捜索が終了したら行程にもどって、そこからフィリピン人は故郷へ帰る。

韓国の巨大貨物船は「急速に沈んだ」、生存者は肯定する。
Cargueiro gigante sul-coreano ‘afundou em alta velocidade’, afirmam sobreviventes
Júlia Dias Carneiro Da BBC Brasil no Rio de Janeiro
3 abril 2017

2017年5月1日追加

その後どうなったか調べてみたが、残りの船員は発見されていない。
原因と考えられているのは、鉱石が湿気により液状化して偏りを起こした、もと原油運搬船を鉱石ばら積み船に改造したことによる構造問題の二面から調査されているようである。
後者の可能性が高そうである。

また、今日見てわかったが、大切なことだから書いておこう。
さもないと、また隣国非難の材料に不当に使われかねないからである。
標題も一気に変更する。

この船の製造は三菱重工業長崎造船所であり、起工1992年処女航海は1994年とある。
この時期がまさに問題であって、海洋汚染防止条約の1992年附属書IIIが、1993年7月以降に発注される大型のタンカーは二重船殻にするよう取り決めた。
つまり竣工前に旧式タンカーとなってしまったわけである。

2006年にPolaris Shipping社は、二重船底一重船殻タンカーであったこの船の鉱石船への改造を、中国コスコ舟山造船所Cosco (Zhoushan) Shipyard in Chinaへ発注した。
2007年から2012年にかけて、当時船齢10から15年の旧式タンカーのこの形式の改造は、広く行われていたようである。

今年は酉年のオリーブ油

今年は酉年である。
普通の人は年末年始には前後年の干支を思い出しても、もう3月にもなると自分が年女や年男でないと覚えていないという人も多いのではないか。

どういうわけか、と言っても理由はないと思うが、家にあるオリーブ油の銘柄が鳥なのである。

左:Andorinha - ツバメ
ポルトガル産(Algés, Portugal)、500ml、14.99レアル(17年2月)

右:Gallo - 雄鶏
ポルトガル産(Arantes, Portugal)、500ml、18.99レアル(17年1月)

ただし、雄鶏の通常の綴りは、’l’が一つだけでgaloである。

この二つの銘柄はどこでも見られ、ブラジルで最も流通しているものに入る。
そして少なくともこの二つの銘柄に共通していることは、赤ラベルが普通のオリーブ油で、緑ラベルがエクストラヴァージン油であることだ。
見てわかるように、ツバメはエクストラヴァージン、雄鶏は普通である。
値段も書いておこう。
1レアルは36円くらいだ。
ツバメは「二個買ったら二個目は半額」つまり25%割引のときに買った。

別の銘柄も含めれば、これより安いものも高いものもある。
安いものには限界がある。
あまり安くて大豆油の値段と一緒だったら、どんなに迂闊な人も騙されないだろう。

もっとグレードが高いのは青ラベルだったり黒ラベルだったり、スコッチウイスキーのようでもある。
高いものの限界は不明である。

食用油というものは原料や製法を現物から分析するのが難しいのだろうか、偽物というか混じり物が入ってレーベルに偽りありというのが多いという記事を読んだことがある。
関係ないが、中国には地溝油なんてものもあるらしい。

ブラジル産の肉製品の品質を疑わせる、検査官の収賄と見逃しのニュースが世界中を駆け始めた。
安全であると思われていたものが一度疑われると、失われた信頼を回復するのはとても困難だろう。
しばらくはこの文字通り「腐りかけた部分の広がり」を検証する作業が続くだろう。

肉にしろ検査官にしろ、腐りかけた部分がごく一部のものであって欲しいし、そうでなければならない。
食べるものがなくなってしまうからである。

ただひとつ言えるのは、「加工品は避ける」である。
ソーセージや整形済みハンバーグよりは塊の牛・豚肉を、チキンナゲットよりは鶏肉切り身である。
ついでに言えば、挽き済みのコーヒー粉よりはコーヒー豆である。
理由は言うまでもなく、期限切れの肉や段ボールを入れられてもわからないからである。

2017年3月28日追加

最近こちらで行われたテストの結果が出たから、買い物の参考にしたい。
ブラジルでよく売られている銘柄の、ラベルに偽りがあるかを調べた。

新たな品質テストでオリーブ油の7つのマークが不合格

オリーブ油と謳っているが別の動植物の油が混じっていたもの
腹が立つことはときどきあるものだが、7つの内2つの製造者は「予審判決」を得て裁判所が名前の公表を禁止している。

  • Tradição
  • Figueira da Foz
  • Pramesa
  • Torre de Quintela
  • Lisboa
  • 予審判決の効力で名前公表差し止め
  • 予審判決の効力で名前公表差し止め

エクストラヴァージンと謳っているがそうではないオリーブ油

  • Beirão

合格と判定されたオリーブ油
上位三つは「品質/コスト」が優れたもので、残りに順位はついていない。
食べてうまいかは人それぞれ。

  • 1- O-Live & Co.
  • 2- Andorinha(ツバメ)
  • 3- Carbonell
  • Borges
  • Cardeal(枢機卿という意味だが、の名前でもある)
  • Cocinero
  • Gallo(雄鶏)
  • La Española
  • La Violetera
  • Taeq
  • Serrata
  • Renata
  • Broto Legal Báltico
  • Qualitá
  • Filippo Berio

犬は犬舎、猫は病舎

「犬小屋のことを英語で何と言うか知ってるか?」
「犬寝る」
というのを最後に聞いたのはずいぶん昔のことである。

しかし昨日、隣家で「ガチウ」を作ったと聞いた。
この単語はgatilと書く。
初めて聞く単語である。

CANIL

現代ポルトガル語辞典 1996年 白水社によると
canil 男性名詞 複数形 canis 犬小屋

Google翻訳にかけると
po -> en dog kennel
po -> ja 犬小屋

Dicionário Brasileiro da Língua Portuguesa, Michaelisでは
canil sm
1 Abrigo ou alojamento para uma matilha de caça ou de cães domésticos.
2 por ext Casinha de cachorro.

全部載っている。

GATIL

現代ポルトガル語辞典 1996年 白水社によると
見出し語gatil存在しない

Google翻訳にかけると
見出し語gatil存在しない

Dicionário Brasileiro da Língua Portuguesa, Michaelisでは見つかった
gatil sm
1 Lugar onde se abrigam, se hospedam ou se criam gatos.
2 Espaço de criação de gatos destinados à comercialização.

日本語にしても、犬小屋とか犬舎という単語はよく聞くが、猫小屋はともかく猫舎と言うのは聞いたことがない。
漢字変換を試みると病舎というのが出てきて、病院みたいである。

日本語・ポルトガル語両言語での、この犬猫の不公平は、猫は独立小屋を与えられることがまずなくて、人様のベッドとかソファとか家具の上で適当に寝たり、そこら辺の空き箱に収まるというその習性からくるものだろう。

真面目な話をすると、canilとgatilには語源的にすっきりしないところがある。

犬はラテン語でcanis、犬の学名(属名)もCanis、わかりやすい。
だからおおいぬ座は星図にCanis Majorと書かれている。

ポルトガル語でオス犬はcão、メス犬はcadelaが正式なようだが、通常にはcachorro(オス), cachorra(メス)の方がよく使われる。
カショホ(ハ)と読む。
「犬の」形容詞はcanino、そうして犬舎はcanil、語源は全部同じなようで、とてもわかりやすい。

一方猫である。
Google翻訳が働かず、猫はラテン語で何と言うのかわからない。
猫の学名(属名)はFelis、「猫の」形容詞はfelino、ここまでは良い。
フェリス女学院はここから来たのか?メス猫学院なのか?と思ったがそうではなく、Ferrisという名字であった。
猫関係の星座はやまねこ座Lynxというのがあるが、この語とは関係なさそう。
ポルトガル語ではオス猫はgato、メス猫はgata、そして猫小屋はgatil、英語のcatに近い気がするが、felisとの関係はよくわからない。

猫箱や猫ちぐらの翻訳は間違っても、「ニャンネル」でも「フェリウ」でもなく、「ガチウ」ということである。

ちんこ笑って集中治療室行き

集中治療室
= en. intensive care unit (ICU)、あるいはintensive therapy unit or intensive treatment unit (ITU)
= po. Unidade de Tratamento Intensivo (UTI)、あるいはunidade de cuidados intensivos (UCI)と書いてあるのだが、よく聞くのはUTIと書いて、長音表記すると「ウーテーイー」という用語である。

刑事や探偵ではないが、動機のない犯罪はないはずだ。
そこで事件の報道では必ず動機が語られるわけであるが、あまりに些細すぎて読むほうが恥ずかしくなるようなものが時々出てくる。
以下ローカル記事である。

「性器の大きさをからかわれた男、兄弟を刺す」
Homem esfaqueia irmão após crítica sobre tamanho de órgão sexual

文字通りである。
一体そんな理由でそこまでやるか?

一つ譲って、まあ若さの至りか?と思って記事を見たらもっと仰天だった。

「××市××地区でこの火曜日(7日)に56歳の男性が48歳の弟に刺された。民事警察によると、犯罪の容疑者は、彼の性器の大きさについて冗談を言われたので、兄弟の首、肩と腹を刺した、と語った。」

この兄弟の年齢から30を引いたら、26歳と18歳になるから、まあそんな理由で激高することもあるかもしれない、と思うのだが、何か二重に恥ずかしくなる記事である。
だいたいその年だと、もう尿道としてか機能しないという人もいるのではないか。
そうならば、端的に言えば、外形は持ちやすくて機能的には通りが良ければ十分でないか。
この年まで生きて分別のかけらもないのか。
危ない性格である。

とにかく、口が災いした兄は、集中治療室で重体と報道されている。
容疑者の弟は過去、傷害で何回か警察のお世話になった経歴があるので、起きるべくして起きたのかもしれない。

なお、性器の大きさと言っても、大概の人は見当をつけるだろうが、記事には小さすぎたのか大きすぎたのか、それ以上のことは全く書いてない。