ブラジルに新幹線はいらない?(その2)

ブラジルに新幹線はいらない?(その1)

日本のニュースをみるのに、あらたにすを使うのだが、日経と朝日で全く反対の記事があった。

ひとつは
「中国「新幹線」空席8~9割 急速に鉄道離れ
収入減、今後の整備計画に影響も」(2011/7/29 23:09 日本経済新聞Web)、
一方、
「中国高速鉄道、ほぼ満席 絶えぬ「速さ」求める人たち」(2011年7月30日22時8分 asahi.com)
ということである。

どちらが真実に近いのかはわからないが、取材した日時や調査対象の路線が異なっていたら、全く反対の結果が出るのかもしれない。

さて、ブラジルと中国の高速鉄道運賃の比較をしてみよう。

asahi.comによると、「温州永嘉駅-上海まで1等席が219元(1元は約12円)で、正規運賃だと千元を超える飛行機より大幅に安く、長距離バスと大差ない」。
そこでGoogle Earthを使い、両都市間の距離を求めてみた。
車で移動した場合の走行距離であるが、鉄道でも大差がないと仮定しよう。

温州永嘉-上海の距離は439km、運賃は219元、1元は約12円だから、2,628円である。
リオデジャネイロ-サンパウロの距離は442km、ブラジル政府が要求する最高運賃は200レアル、1ドル=77円=1.57レアルで計算すると、9,809円となる。

ブラジルは中国の3.7倍も高いではないか。
ブラジル政府の設定するリオデジャネイロ-サンパウロ高速鉄道運賃の上限200レアルは、ブラジル国内では高すぎるという声が多い。

リオデジャネイロ-サンパウロのバス運賃を調べてみた。
座席の大きさで異なるが68から114レアル、新幹線の三分の一から半分くらいに当たる。

中国の鉄道運賃は異常に安すぎる。
しかしブラジルでは同じ距離を走らせて3.7倍も収入が上がるのに、中国は応札しなかった。
よほどブラジル側の要件が法外なのだろう。

さらに気になるのは次の記事だ。
“The price of high-speed ambitions” (BBC 28 July 2011 Last updated at 11:41 GMT)

この記事によると、今回の事故で中国は米国への高速鉄道展開のチャンスをゼロにしてしまった。
それだけでなく、マレーシア、ベネズエラ、サウジアラビアは、中国の高速鉄道をコピーしたいが、計画は中断した。
とあるのだが、ブラジルはどこへ行った?
先日のブラジルの高速鉄道入札不調により、計画自体が消滅したのかと思ってしまうような記事だ。

ブラジルでの中国の高速鉄道事故の報道は極めて少なく、事故当初にテレビで流れたが、事故後の車両を埋めたり掘り返したりとか、遺族の補償とか報道管制とかの動きは表に出ていない。
経済紙には出ているのかもしれないが確認していないのでわからない。

高速鉄道建設に国民の興味があったなら、建設運営体になる可能性のある中国での事故に報道は無関心ではいられないと思うのだが、冷めている。
中国の高速鉄道事故の報道量は、
日本(朝日・日経・毎日サイト) >> BBCやReutersサイト >> ブラジルのTVやサイト
の順に少なくなる。

日本では全く出ていないニュースだと思うが、今ブラジル連邦政府の運輸省(Ministério dos Transportes)は汚職で揺れている。
入札不正で連邦政府資金が横流しされているとTribunal de Contas da União(会計検査院)から指摘されて、政府高官20名が罷免されている。
足元に火がついて新幹線入札どころではないのではないか。

当初は2014年ワールドカップまでに開通させると言っていた気がするが、このまま応札者なしだから仕方ないという形でうやむやに消えて行くような気がしてならない。

2013年8月12日追加

Leilão do trem-bala é adiado em um ano
Ministro dos Transportes e diretor-presidente da EPL anunciaram uma nova mudança na data para a concessão dos interessados na construção do trem de alta velocidade
iG São Paulo | 12/08/2013 13:21:23 – Atualizada às 12/08/2013 16:43:14
という記事が出た。

運輸相が高速鉄道入札の1年延期を発表した。
入札期限は2013年8月16日金曜日であるが、応札が1社に終わりそうだというのだ。
記事の中には「Japão, Alemanha, França e Coreia do Sul、つまり日本、ドイツ、フランス、韓国を含む、少なくとも7ヶ国の企業が興味を示した。」とあるのだが、その気配がみられない。

ブラジル政府は、そのうち安くなるだろうからと、永遠に延期を繰り返すつもりだろうか。
投げやり感満々である。

北は暗いから脳が大きくなった

http://www.reuters.com/article/2011/07/27/us-brains-north-idUSTRE76Q1HD20110727
という記事だ。
世界各地の原住民の頭蓋骨の比較研究をしたところ、高緯度地方に住む人ほど、脳と眼球が有意に大きいことがわかった。

誰もが知りたがるだろうが、研究者は脳が大きいから頭が良いとは言っていない。
高緯度地方は曇りがちで日光も弱いので、生きるためには暗い環境で物を見る視力、つまり大きな眼球と信号処理をする脳が必要だという。

こういった話が出ると、ヨーロッパのような寒い地方に住む人間は生活のための知恵が必要だから文明が発達したのだ、熱帯地方では頭を使わなくても生きていけるから遅れたままなのだ、などという人が出てきて、だからブラジル人は……、とお決まりの文句になりがちだ。

研究対象になったグループはイングランド、オーストラリア、カナリー諸島、中国、フランス、インド、ケニア、ミクロネシア、スカンジナビア、ソマリア、ウガンダ、米国の原住民で、1800年代からの頭蓋骨が調査された。
一番脳と眼球の大きいグループはスカンジナビアで、一番小さかったのはミクロネシアだった。

現代人で比較実験したら、スカンジナビア人はミクロネシア人より夜目が効くはずであるが、そういう研究はないのだろうか。

デング熱対策に一日22杯の水

今日はブラジルに旅行で来る人にも役立つ情報だ。

ブラジルの大部分の州には、熱帯病であるデング熱がある。
Dengueと書かれ、デンギと発音される。

病原体はウィルスで、ウィルス病の常として特効薬がない。
さらに悪いことに、ワクチンもない。

媒介するのはデング蚊(mosquito da dengue 学名はAedes (Stegomyia) aegypti-”エジプトの憎き奴”という意味なんだそうだ)外見は薮蚊の一種だ。
予防は蚊に刺されるのを防ぐこと、そのためにボウフラのわく水たまりを撲滅するために市役所の見回り人が各家を訪問して排水口、冷蔵庫の霜解け水蒸発皿、植木鉢の受け皿、裏庭に転がっている空き瓶や古タイヤの水たまりなどを丹念に点検する。

潜伏期は約7日、症状は頭痛、眼球の奥の痛み、高熱から始まる。
熱は3、4日で治まるが、その時期が要注意だ。
嘔吐、腹痛、失神などを症状とする重症の出血性デング熱に進行すると、血管から出血が起き、肝臓・脾臓・肺・骨髄・脳・心臓に及び、生命に関わる。

さて今日のニュースだが、上に書いた症状があってデング熱にかかったかなと思ったら、水を多量に飲むのが良いそうだ。
どのくらい多量かというと、体重1kg1日当たり60から80ml、体重70kgの人なら1日に最低4.2リットル、180mlコップだったら22杯だ。
水に限らず、お茶でもジュースでも良いからとにかくたくさん水分を取ることが大事だ。
発症してから最初の24時間に十分な水分を補給すると、症状を軽くして、出血性に達し難くするという。

この日のニュースでは触れなかったが、デング熱の場合、アスピリンを服用してはいけない。
デング熱には、水分大量摂取、アスピリンは禁物、ぜひ覚えておこう。

(2011年7月26日Globo Jornal Hojeより)

外国の医学部で金をかけずに医師になる

ブラジルの公立大学は授業料が無料である。
連邦立・州立・市立全部が無料かは確認できないが、少なくとも連邦立大学は無料だ。
だから特に医学部などは狭き門である。
普通に倍率100倍を超す。
しかしこの高倍率の理由は、もしかしたら受かるかもという楽観的受験者が多いというブラジル事情があるのだが。

難関の公立大学に入れないが、さりとて私立は授業料が高すぎるという向きには、留学という方法がある。
留学が安くつく?

アルゼンチンの103の大学の85%は公立で、大部分は首都ブエノスアイレスにある。
入学試験はなく、全員が入学できる。
全国150万人の大学生のうち、少なくとも2万5千人は外国人だ。
グラフィックデザインを例にとると、UBA(ブエノスアイレス大学)で学ぶ場合に授業料はゼロ、一方サンパウロの私立大学の授業料は月額2500レアルにまで達する。
公立大学の授業料無料はブラジルもアルゼンチンも同じだが、入学試験の有る無しが違う。

あるブエノスアイレスの私立大学で医学を学ぶブラジル人は400人を数える。これから入学の新入生500人のうち30%はブラジル人だ。
食費・住居費・交通費は個人持ちだが、レアル高の為替がブラジル人の味方になる。
現在1レアルが2ペソ以上に相当する。
一番授業料の高い医学部で7年間学んでも合計14000レアルしかかからない。

入学は簡単で身分証明と高校課程終了証明を添えて申請するだけだ。
しかしどの学科にも必修の1年間の基礎課程の後、難しい進学試験がある。
ポルトガル語とスペイン語は非常に似ていると言われるが、ポルトニョールと呼ばれる国境付近で話されるような両言語まぜこぜでは学生はやっていけない。

ようやく卒業しても難関が待っている。
アルゼンチンの医学部卒業者がブラジルで医師として医療行為をするためには、ブラジルの学位有効化試験に通らなければならない。
アルゼンチンの法学部卒業者がブラジルで弁護士として働くためには、OAB(ブラジル弁護士会)の試験に合格しなければならない。
OABの試験はブラジルの法学部卒業者にも課せられるため、スペイン語でアルゼンチンの法律を学んでから、ブラジルの法律を学び直して試験を受けるメリットはないように思える。
(以上2011年7月20日 Globo Jornal Hojeの記事をもとにした)

と、この報道があった日にインターネットで見たのは、医者になるためにロシアの大学に行くという話。
記事になったのはクルスク(Kursk)州立医科大学で学ぶ17歳のブラジル女子学生のケースだ。

Aliança Russaという団体が、ロシアの大学を代表してブラジル国内で試験を行う。
選考を通って11月にロシアへ渡った17名のうち、今ロシアに残っているのは7名という。
授業は英語で行われるが、ロシア語も欠かせないらしく、11月から1月まではロシア語の授業だったという。
諦めたブラジル人にとっては、寒さと言語が大きな障害となるようだ。

カロリーネは高校卒業時のブラジルの公立医学部受験に落ち、私立に行く金はなく、予備校に行く気もないので、ロシア留学というかなりまれな道を選んだ。
ロシアの大学は外国からの留学生を奨学金付きで受け入れていて、(彼女の場合?)学費は年間5900レアルになる。
これはブラジルの私立医学部の2ヶ月の授業料に当たる。
さらに4人部屋の寮費を含む生活費が月700レアルかかる。
この月額1200レアルの勘定は、ブラジルの私立医学部で学ぶ場合よりずっと安くなるわけだ。

外国の大学で学び取得した学位をブラジルで生かしたい人は、学位を承認し法的有効化する手続き、つまりアルゼンチンの例であげた試験に合格することが必要だ。
これはアルゼンチンもロシアも同じだ。

ブラジル国内25の公立大学が協力して昨年行われた医師学位有効化試験法制化の先行試験は、32ヶ国で学んだ628名が挑んだが、合格者はたった2名だった。
どうも卒業後に最大難関があるようだ。
時々摘発される偽医者は、外国の医師資格をブラジルで有効化できない人が偽って病院で働いているのではなかろうか。

(以上2011年7月20日 http://ultimosegundo.ig.com.br/educacao/por+curso+de+medicina+brasileiros+vao+a+russia/n1597091493486.html から)

家政婦のお手伝いさん

ブラジルで家政婦は”empregada doméstica”という。男性だったら”empregado doméstico”となるのだが、これは聞いたことがない。

家政婦の給料の上昇(2002年から2011年まで9年間で+43.5%)が一般勤労者の給料上昇(同期間で+25%)より高いため、家政婦が別の家政婦を雇うことが増えている。
ブラジルの人口上昇に家政婦の供給が追いつかないのと、最低給料の上昇率がインフレ率を上回るように設定する所得引き上げ政策が、家政婦給料の高騰を招いている。

ブラジルに家政婦は600万人いるのだが、そのうちの100万人は金を払って他の人に家事を手伝ってもらっているという。
10年前にはあまりみられなかった現象だ。

テレビのドラマはしばしば上流家庭が舞台になるから、家政婦さんはドラマでよく見るのだが、人件費高騰のため最近の実世界では、専属家政婦として契約するのでなく、一日単位で派遣してもらい、例えば週に2日来てもらうと、時間あたり給料は増えることがあっても月間に支払う額は少なくなる。
この形態はdiaristaジアリスタと呼ばれる。
月雇いだったらmensalistaメンサリスタだ。
昔の家政婦さんのように炊事洗濯掃除アイロンかけから子どもの世話まで全てやってもらうのでなく、独身者なら炊事は外食、洗濯は洗濯機で、掃除だけは人に頼むけれど、独り者だから週1回掃除してもらえば良い、という場合もある。

当然だが、545レアル稼いでいる家政婦が他の人を雇って545レアル払うわけはないのだ。
例えば週6日フルタイムの正規雇用(ブラジルで正規雇用とは労働手帳に記載するということ)で家政婦の仕事をしている人が、自分の家の掃除をしてもらうために週2日半日ずつ不正規雇用(口頭での労働契約)のお手伝いさんに来てもらう、というようなケースなのだろう。

コパ・アメリカ2011と南米四天王

昨年2010年の南アフリカワールドカップで、ベスト8に4ヶ国も入って「南米大会か」と言われたが準決勝に一つも進めなかったブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイの南米勢であったが、コパ・アメリカでも2試合目まで引き分けのみというスロースタートぶりだった。

ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイはグループリーグ最終戦(第3戦)で一勝し、パラグアイは3戦引き分けだったが4チームは決勝トーナメントへ進んだ。
出場全12チームのうちの2つの招待国、メキシコとコスタリカはトーナメントへ進むことはできなかった。

コスタリカは当初招待されていた日本の代わりに出たのだが、日本が出ていたら面白かっただろう。
日本女子は決勝まで進んでいるが、男子もコパ・アメリカに出てトーナメントに進んだでいたら応援もさらに熱が入ったであろう。
震災とかJリーグの日程の都合とかあったようだが、無理しても出ておいたらよかったと思う。

さて、ドイツでの女子ワールドカップであるが、準々決勝で日本がドイツに勝った後、Globoスポーツニュースでは、大番狂わせで日本が優勝候補のドイツを破ってしまったからのブラジル・米国戦は事実上の決戦などと報道していた。
結果はPKでブラジルは敗退した。

女子決勝はブラジル南東時で7月17日15時45分、コパ・アメリカのブラジル・パラグアイ戦の15分前にキックオフとかぶっている。

レッドカードは消費者保護法違反?

リオ・デ・ジャネイロ市から北へ160キロ余り、ミナス・ジェライス州のジュイス・ジ・フォーラ(Juiz de Fora)は、人口約52万人の、州で4番目に大きな堂々たる中核都市である。
3万5千人収容のスタジアムがあり、Tupi Football Clubという1912年創立、2010年CBFランキング104位のクラブがある。
その市議会が物笑いの種になりそうな審議会を開いた。

ある市会議員が、フットボールの退場規定、つまりレッドカードに異議を唱えたのが審議会の発端だった。
観客がプロフットボールの試合を入場料を払って観戦するということは、両チームで22人のプレーヤーが行う試合を楽しむ権利があるということである。
よって、レッドカードでプレーヤーが退場して22人が21人になってしまったら、消費者(=観客)の正当な権利が損なわれる、というのが発案議員の言い分だ。

FIFAの資格を持つ?審判が呼ばれて意見を求められたが、彼は現行ルールを支持した。
市議会議長はテレビのインタビューで、ルール改正はFIFAによって行われるものであり、市議会は決定権はないけれど審議をするだけだ、審議を行うのは自由である、というようなことを言っていた。

もっと他にやることはあるんじゃないの?と言いたくなる記事であった。

(Globo MGTV 2011年7月12日より)