東京2020まで保存・競技名三か国語対照

オリンピック2016リオデジャネイロ大会が終わってしまう前にこういうのを作った。
競技の名前などふだんは使わないので、この機会に調べようと思ったわけである。
2020年東京大会でも、新種目を除いて使える。

English português 日本語
aqu – diving saltos ornamentais 飛込
aqu – diving – platform saltos ornamentais – plataforma 飛込-高飛込
aqu – diving – springboard saltos ornamentais – trampolim 飛込-板飛込
aqu – swimming natação 競泳
aqu – swimming – backstroke natação – costas 競泳-背泳ぎ
aqu – swimming – breaststroke natação – peito 競泳-平泳ぎ
aqu – swimming – butterfly natação – borboleta 競泳-バタフライ
aqu – swimming – freestyle natação – livre 競泳-自由形
aqu – swimming – medley natação – medley 競泳-メドレー
aqu – swimming – reley natação – revezamento 競泳-リレー
aqu – sychronized swimming nado sincronizado シンクロナイズドスイミング
aqu – sychronized swimming – duet nado sincronizado – dueto シンクロナイズドスイミング
aqu – sychronized swimming – team nado sincronizado – equipes シンクロナイズドスイミング
aqu – water polo polo aquático 水球
aquatics 水泳
archety tiro com arco アーチェリー
athletics atletismo 陸上競技
athletics – decathlon atletismo – decatlo 陸上競技-十種競技
athletics – discus throw atletismo – lançamento de disco 陸上競技-円盤投
athletics – hammer throw atletismo – lançamento de martelo 陸上競技-ハンマー投
athletics – high jump atletismo – salto em altura 陸上競技-走高跳
athletics – hurdles atletismo – com barreiras 陸上競技-ハードル
athletics – javelin throw atletismo – lançamento de dardo 陸上競技-やり投
athletics – long jump atletismo – salto em distância 陸上競技-走幅跳
athletics – marathon atletismo – maratona 陸上競技-マラソン
athletics – pole vault atletismo – salto com vara 陸上競技-棒高跳
athletics – reley atletismo – revezamento 陸上競技-リレー
athletics – shot put atletismo – arremesso de peso 陸上競技-砲丸投
athletics – steeplechase atletismo – com obstáculos 陸上競技-障害
athletics – triple jump atletismo – salto triplo 陸上競技-三段跳
athletics – walk atletismo – marcha 陸上競技-競歩
badminton badminton バドミントン
badminton – doubles badminton – duplas バドミントン-ダブルス
badminton – singles badminton – individual バドミントン-シングルス
basketball basquetebol バスケットボール
boxing boxe ボクシング
boxing – bantamweight boxe – peso-galo ボクシング-バンタム級
boxing – flyweight boxe – peso-mosca ボクシング-フライ級
boxing – heavyweight boxe – peso-pesado ボクシング-ヘビー級
boxing – light flyweight boxe – peso-mosca-ligeiro ボクシング-ライトフライ級
boxing – light heavyweight boxe – peso-meio-pesado ボクシング-ライトヘビー級
boxing – light welterweight boxe – peso-meio-médio-ligeiro ボクシング-ライトウェルター級
boxing – lightweight boxe – peso-ligeiro ボクシング-ライト級
boxing – middleweight boxe – peso-médio ボクシング-ミドル級
boxing – super heavyweight boxe – peso-superpesado ボクシング-スーパーヘビー級
boxing – welterweight boxe – peso-meio-médio ボクシング-ウェルター級
can – slalom can – slalom カヌー-スラローム
can – sprint can – velocidade カヌー-スプリント
canoeing canoagem カヌー
cyc – BMX cic – BMX 自転車競技-BMX
cyc – mountain biking cic – mountain biking 自転車競技-マウンテンバイク
cyc – road cic – estrada 自転車競技-ロード
cyc – track cic – pista 自転車競技-トラック
cycling ciclismo 自転車競技
equ – dressage hip – adestramento 馬術-馬場馬術
equ – eventing hip – concurso completo de equitação 馬術-総合馬術
equ – jumping hip – saltos 馬術-障害飛越
equestrian hipismo 馬術
fencing esgrima フェンシング
fencing – épée esgrima – espada フェンシング-エペ
fencing – foil esgrima – florete フェンシング-フルーレ
fencing – sabre esgrima – sabre フェンシング-サーブル
field hockey hóquei sobre a grama ホッケー
football futebol サッカー
golf golfe ゴルフ
gym – artistic gin – artística 体操競技
gym – artistic – balance beam gin – artística – trave 体操競技-平均台
gym – artistic – floor exercise gin – artística – solo 体操競技-ゆか
gym – artistic – horizontal bar gin – artística – barra fixa 体操競技-鉄棒
gym – artistic – individual all-around gin – artística – individual geral 体操競技-個人総合
gym – artistic – parallel bars gin – artística – barras paralelas 体操競技-平行棒
gym – artistic – pommel horse gin – artística – cavalo com alças 体操競技-あん馬
gym – artistic – rings gin – artística – argolas 体操競技-つり輪
gym – artistic – team all-around gin – artística – equipes 体操競技-団体総合
gym – artistic – uneven bars gin – artística – barras assimétricas 体操競技-段違い平行棒
gym – artistic – vault gin – artística – salto 体操競技-跳馬
gym – rhythmic gin – rítmica 新体操
gym – trampoline gin – trampolim トランポリン
gymnastics ginástica 体操
handball handebol ハンドボール
judo judô 柔道
modern pentathlon pentatlo moderno 近代五種
rowing remo ボート競技
rowing – coxed eight remo – oito com ボート競技-エイト
rowing – coxless four remo – quatro sem ボート競技-舵なしフォア
rowing – coxless pair remo – dois sem ボート競技-舵なしペア
rowing – double sculls remo – skiff duplo ボート競技-ダブルスカル
rowing – quadruple sculls remo – skiff quádruplo ボート競技-クオドルプルスカル
rowing – single sculls remo – skiff simples ボート競技-シングルスカル
rugby sevens rugby sevens 7人制ラグビー
sailing vela セーリング
sailing – 470 vela – 470 セーリング-470
sailing – 49er vela – 49er セーリング-49er
sailing – finn vela – finn セーリング-finn
sailing – laser vela – laser セーリング-laser
sailing – RS:X vela – RS:X セーリング-RS:X
shooting tiro 射撃
shooting – air pistol tiro – pistola de ar 射撃-エアピストル
shooting – air rifle tiro – carabina de ar 射撃-エアライフル
shooting – double trap tiro – fossa olímpica double 射撃-ダブルトラップ
shooting – pistol tiro – pistola 射撃-ピストル
shooting – rapid fire pistol tiro – pistola rápida 射撃-ラピッドファイアピストル
shooting – rifle prone tiro – carabina deitado 射撃-ライフル伏射
shooting – rifle three positions tiro – carabina em 3 posições 射撃-ライフル3姿勢
shooting – skeet tiro – skeet 射撃-スキート
shooting – trap tiro – fossa olímpica 射撃-トラップ
table tennis tênis de mesa 卓球
taekwondo taekwondo テコンドー
tennis tênis テニス
triathlon triatlo トライアスロン
vol – beach volleyball voleibol de praia ビーチバレー
vol – volleyball voleibol バレーボール
volleyball voleibol バレーボール
weightlifting halterofilismo ウェイトリフティング
wre – freestyle luta – livre フリースタール
wre – greco-roman luta – greco-romana グレコローマン
wrestling lutas レスリング
広告

ブラジルでカーナビを使うときの注意

リオ五輪、警備の精鋭警官3人撃たれる スラム街に誤進入
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160811-00000028-jij_afp-spo
こんなニュースがあったので日本でもその奇妙な危険さが知られるようになったと思う。

道を誤ってファヴェラ(スラム街)に入り込んでしまった治安部隊の隊員3人は、それぞれアクレ州、ピアウイ州、ロライマ州、つまりブラジルの辺境州からはるばるリオ・オリンピックの警備のために動員されていた。
車両一台に乗って移動中だったのだが、どこからどこへ向かっていて、どのような経過で道を誤るに至ったかは明らかになっていない。
ただ、どのあたりかは報道された。

リオ・デ・ジャネイロ市の国際空港のある東北部と南部バーハ地区を結ぶ自動車道路、黄線 Linha Amarela が、市北部と南部コパカナーバ地区を結ぶ赤線 Linha Vermelha に接続するジャンクション部は、北側をコンプレクソ・ダ・マレ Complexo da Maré、南側をヴィラ・ド・ジョアン Vila do João という二つのファヴェラに挟まれている。
ジャンクションの手前にはいくつか細かい出入り口があるので、どこかで間違って出てから本線に戻ろうとして迷ってしまったのであろう。
民間の普通の車だったらとりわけ問題はなかっただろうが、たまたま目の敵の警察車両をただ一台だけ入ってくるのを見咎めた組織の者が攻撃を仕掛けたということだったと思われる。

しかし、道を間違えてファヴェラに迷い込んでしまい、犯罪組織の者に勘違いされて銃撃されるという事故はこれが初めてではない。
ブラジルではGPSと呼ばれることが多いが、カーナビを使うときに注意しておきたい点がある。

まず、完全に設定を誤ってしまうケースである。

ブラジルには通りに名前がついていて、それが住所や住居表示となっているのだが、どこの市にもあるような普遍的な名称がある。
たとえば、Avenida Getúlio Vargas ジェトゥリオ・ヴァルガス大通といった、歴代のブラジルの大統領の名前から取った地名である。
隣町が何十キロも離れているようなところでは起きる心配はないが、いくつかの行政市の市街地が連続している大都市圏では、よく確認して目的地設定をしないと、同じジェトゥリオ・ヴァルガス大通であっても隣の市のジェトゥリオ・ヴァルガス大通を目指していくことになってしまうので注意が必要である。

もう一つの注意はもっと危なくて、しかも必ずしも避けられるものではないので、より深刻である。

たびたび書いていることであるが、ブラジルの大都市には、ファヴェラと普通や高級な住宅街が隣接しているところがかなりある。
そうすると、出発地と目的地の位置関係で通り道がファヴェラの真ん中を突っ切るようなことが時に起きる。
ブラジルでカーナビを使ったことはないので、「危険な地区を通るルートを避ける」というような設定オプションがあるかどうかはわからない。
多分ないと思う。
そもそも誰が「この地区は危険と指定する」職権を持つのか。
警察にはその職務遂行上、この地区は危険なのでパトカー二台以上でなければ入ってはいけない、というような地域に関する注意事項が徹底していると思われるが、このような情報は公開されることはないだろう。

親戚の若い者が昔、リオデジャネイロマラソンか何かのスポーツ行事に参加するために仲間と、ヴァンとよばれる15人乗りくらいの車を借りてリオまで出かけて行った。
カーナビを使っていたか、昔ながらの紙の地図を使っていたかはわからないが、近道をしようとして、よそ者ゆえに上に書いたように気づく間もなくファヴェラに入り込んでしまった。

週末の朝だったので、中に入っていくほどに、薬物で半ばフラフラになりかけた組織の見張り役のような連中が銃を突き付けて誰何してくる。
そもそも隠すことは何もないのだから、事情を説明をして先を急ごうということになり、「おれたちは(自分たちを指して)この格好を見たらわかると思うが、今日(ファヴェラの向こう側を指さして)あっちのほうで開かれるマラソン大会に参加するためにミナス・ジェライスからはるばるやってきたのだが、道に迷って遅れそうになっているのでここを通してくれたらありがたい」というようなことをわざとミナス訛りを強調して口々に訴えた。
事情を理解してもらって通してもらえたので無事マラソンにも間に合って助かった、とかなり貴重な体験を語ってくれたことがあった。

ブラジルの大都市でカーナビを使い未知の場所に行くときは、面倒でもその都市の危険地図を前もって地理勉強しておいたほうがよさそうである。

とりあえずリオ五輪の総括と開会式展望

オリンピック大会総予算391億レアル、60%民間企業、40%公共資金が負担。

環境浄化分野では予定した効果が達成できず、グアナバラ湾や市の西部の湖沼地区の汚染は除去できていない。
公安分野も市民や観光客が期待する安全な街とはなっていない。

イパネマ海岸地区と西部のバラ・ダ・チジュカを結ぶメトロ新線や幹線道路、BRT (Bus Rapid Transit)の交通インフラ建設や、高架道路を撤去、VLT (Veículo Leve sobre Trilhos)を新設して美化、公園地区化した都心港湾地区の再生に代表される都心再開発など、リオの都市計画は一応目標達成といわれる。

開会式があと数時間後に迫ったリオ五輪であるが、スタッフ3万5千人(開会式だけではないと思う)、ダンサー200人(これだけ?プロダンサーの数か)、エスコーラ・ジ・サンバ12グループ、パレード参加者5千5百人と発表されている。
リオのエスコーラ・ジ・サンバといったら、リオのカーニバルの主役であり、一つだけで五千人ぐらいが練り歩くのであるが、まさかその全部が参加するとは考えられない。
テーマは人種や国民の間の融和と地球環境保護メッセージの二つ。

驚くのはその予算で、前ロンドン大会の開会式と比較して十分の一であるという。
ロシアはソチで、その文学・芸術の豊饒さを生かした演出をした。
世界中にファンの多いブラジルの音楽やダンスは健在でないか。
十分の一のしょぼさになることはあるまい。

トップモデルのジゼリ・ブンチェン Gisele Bündchen が子供の強盗に襲われるのだが、警察からかくまってやってハッピーエンドという仰天の演出があると噂されたが、これは批判が多くて取りやめになると言われている。
ブラジルのことだから、これくらい開き直って苦境を笑い飛ばして感動させてほしい、と望むのは身勝手だろうか。

ブラジル国内聖火2万6千キロの旅

聖火トーチ – tocha olímpica (po.)
聖火台 – pira olímpica (po.)

昨日8月4日のニュースでは、聖火はブラジル国内を95日間、三百数十の町を訪れ、2万6千キロ移動したと言っていた。

昔の聖火リレーは、陸地がないところは仕方がないが、そうでなかったらずっとランナーが駅伝のように、一生懸命苦しそうな顔、少なくとも真面目な顔で大切な聖火を掲げて一目散に走っていた、という印象がある。
現在のブラジルの聖火リレーはそういった堅苦しいものではない。
ギリシャのオリンピア Olímpia で太陽光から採火されるのは昔と同じだが、途中でいろいろな乗り物に乗って担がれてきた。

  • 自転車
  • 車いす
  • サーフィン
  • パラグライダー
  • インディオのカヌー
  • モーターボート
  • ロープウェイ

テレビニュースで見た覚えがあるものを小さいものから順に並べてみた。
ほかにもスケートボードとか牛車とかあったような気もする。
広大な国土の都市間はランタンに入れて車や飛行機で運んでいるようだ。

一人のランナーの担当距離は200メートル、アスリートだけでなく子供から老人までいるし、完全に歩いている人もいる。
ステップを踏みながら、踊りながら走る人もいる。
ほぼお祭り行列である。

きょうはオリンピック2016リオ・デ・ジャネイロ大会の開会式がある最後の巡回なので、聖火はリオ市内の観光地を巡っている。
ロープウェイは箱内でなく、命綱で身体を確保したロープウェイ会社の人が箱の屋根!に乗って聖火を掲げて大観光地ポン・デ・アスカルの頂上に移動していた。

5月のある土曜日、聖火がすぐ近所を通るというので見に行った。
家からわずか一丁の通りを聖火が通ることになっていた。

どうせ時間通りに来ることはないからとのんびり通りで待っていたら、コカコーラの宣伝バンがやってきて近くの角のスペースに止まり、宣伝の音楽を流し始めた。
これは何かキャンペーングッズを配り始まるだろうと期待していると、思った通り何か配り始めた。

コカコーラの宣伝マスコットのシロクマ顔で、裏側にはメッセージが書いてある中に掌を入れて聖火が来たら振り回すミットのようなものである。
近くにいる人のを良く観察するとデザインとメッセージにかなりのヴァリエーションがあるようで、一体全部で何通りあるかはわからなかった。


しばらくしたら五輪特別パッケージのコカコーラ缶250mlを配り始めた。
あまり人が多くなくて、余っているようなので、いつもは飲まないコーラを3本も飲んでしまった。

時間は過ぎてすっかり暗くなってきた。
この辺りは人がいなくて、宣伝車の場所から下っている坂は下のロータリーまで100メートルくらい、本当にここに天下のオリンピックの聖火が通るのかと不審に思うほど誰もいない。

坂を最初に登ってきたのは20台くらいの自転車部隊、これがもうすぐ聖火が来ますよと告げる、露払いを演ずる先遣隊のようである。

聖火のイラストをボディに描いたマイクロバスが続いてきた。
中にはトーチを持った聖火ランナーと思われる人が何人も乗っている。
車の中だからもちろん火は点いていない。
なんだ聖火リレーって、車で運んで誰も走っていないし、火も消えているではないか?
と勘違いしそうになったが、これから走るランナーを聖火に先回りして各リレー地点に配るバスであった。

次に来るのは荷台部分にステージを飾り付けたスポンサーの飾りトラックが、音楽を流し、ダンサーを満載して賑やかに何台か登ってくる。
トラックの装飾で確認できたスポンサーは、コカコーラ、(われらが)日産、最後にはブラジルの民間銀行の雄、ブラデスコの3つの企業であった。

しばらく空白があったが、ようやく聖火がやってきた。
二十人くらいのお揃いのカーキ色のシャツを着た面々に囲まれて、聖火を掲げたランナーが坂を上ってくる。

歩道に誰もいないので50メートルくらい聖火と並走してコカコーラ宣伝バンのところまで行ったら、聖火リレーしてランナー交代である。

カーキ色シャツ軍団は交代しないで、円陣を作って聖火を囲み、不届き者から聖火を守っている。
後からニュースで知ったのは、カーキ色シャツ軍団は força nacional と紹介されていたので、そのまま訳すと国軍である。
この連中は何キロごとに交代することになっているのかはわからないが、一番体力の必要な役目である。

今までにどんなことに遭遇したか書いてみる。

  • 男がバケツの水をかけて聖火を消そうとした(数回あった)
  • YouTubeの人気おばさんが柄の長いほうきで聖火の火を拝借した
  • 聖火セレモニーに駆り出されたジャガーが終了後に逃走しようとして射殺された
  • デモのために時間が遅れたりルート変更になった(数回あった)

今日もリオの高級ホテル前で休職大統領罷免反対と公務員のデモがあって、聖火は並行する大通りにルート変更して、何事もなかったように行進を続けていた。

聖火点灯の大役を担うと言われてきた王様ペレは、手術後間もないためそれを辞退した。