ブラジル人は決勝どちらを応援?

ブラジル人でも覚めた人もいれば浮かれた人もいて、人によって反応は異なるが、一種の熱病の流行のようなワールドカップは3位決定戦と決勝を残すところとなった。

決勝の組み合わせは、ブラジルを完膚なきまで打ちのめして休養十分のドイツと、120分プラスPK戦を戦いぬき、休養日が一日少ないアルゼンチンである。
リオデジャネイロ市のマラカナンスタジアム(Estádio Maracanã)には、7万4千人の観客動員が予想されている。
7万4千人のうち中立の人をのぞいたら、どれだけがドイツ側でどれだけがアルゼンチン側なのだろうか。

報道をみると、2014年7月13日、日曜日のリオデジャネイロ州内には、州観光局によると10万人のアルゼンチン人が滞在すると予想されている。
そのうちどれだけの人がホテル・ペンション・ユースホステルなどの屋根のあるところに泊まるのか、キャンプサイトでキャンピングカーやテントで夜を過ごすのか、それともなんの準備もせずにやってきて、バーの前の舗道上とか海岸とかで、野宿というか明け方の仮眠をするのかはわからない。
ちなみに別報道では、ドイツ人は2万人とのことだ。

砂糖をめざすアリの大行進のように、陸路を運転して集結してくるアルゼンチンサポーターを収めるため、州観光局はいろいろな手を打っている。
フットボールと同様ブラジルの華である、カーニバル、それもリオのカーニバルの会場であるサンボドロモ(Sambódromo)が、キャンプ用に解放された。
キャンプだけでなくパブリック・ビューイングも行われるようで、7万人が集まる予想と報道された。

Petrópolis, Niterói, Cabo Frioなどの近隣の観光地へ客受け入れを依頼している、と記事は述べている。
Buenos Aires – Rio de Janeiro間は、2,687km、35時間のドライブと、Google Earthは示している。
金曜日の夜にブエノスアイレスを発ち、交代で運転しながら走れば、日曜の早朝にリオデジャネイロに着く計算だが、勢いに任せなければくじけそうな強行軍だ。
アルゼンチン国境の町ウルグアイアナ(Uruguaiana)では、入国するアルゼンチン人が国境のブラジル入国管理で行列を作っている。
すでに何人かのフーリガンが入国拒否されている。

昨日のニュースでドイツの、確か選手だと思ったが、ブラジルにエールを送っていた。
当然だろう。
ブラジルが百年忘れられないのと同じで、ドイツからしてみれば百年は思い出しては得意になれる貴重な経験を、ブラジルチームからもらったのだ。
要するに、
「ブラジルの皆さん、私たちはあなたたちと連帯します。あなたたちの永遠のライバル、アルゼンチンを(『こんなにいい目をみさせてもらったあなた達と同様に、そうすれば南米二巨塔制覇なのだ』と本当は言いたいのがここはじっとこらえて)叩いてやりますから、アルゼンチンの大応援団に負けない応援お願いね。」
と言いたいのだ、と想像する。

アルゼンチン-オランダ戦では多数のブラジル人がオレンジ色のシャツでオランダを応援して、アルゼンチンと比較して圧倒的に少ないオランダ本国のサポーターを助けていた。
敵の敵は味方ということで、アルゼンチンの対戦相手ならどこでも無条件で応援する、最大のライバルに優勝トロフィーを持っていかれるのだけは絶対許せない、と思うブラジル人は多いだろう。
リオデジャネイロで大騒ぎしているアルゼンチン人集団がしゃくにさわる、本当は自分たちがここで楽しむはずだったのに、という理由でドイツを応援しようとする人がいても当然だろう。

TVニュースで最新のNeymarインタビューがあった。
彼はFC Barcelonaの僚友MessiとMascheranoのよしみでアルゼンチンを応援すると発言した。
ネイマールがそう言うのだったら、私も普段のライバル意識は横においといて、今回だけはアルゼンチンを応援しようか、と思う人がいるかもしれない。

アルゼンチンのサポーターの一人はこう言った。
「(決勝の相手が)ブラジルだったら最高だった。南米決戦だ。でもあなた達(ブラジル人)は出られなかったからね。すべてのラテン・アメリカ人の復讐をするぞ。」
ポルトガル語に書かれた文章で読んだので、口調が同情混じりか、皮肉混じりか、淡々としていたのかは不明だ。

南米開催のワールドカップで欧州勢に優勝されてしまうという初記録は作りたくない、という感情を持つ人もいるだろう。
普段はライバルでも、優勝トロフィーを海の向こうへ持っていかれるより、陸続きのところにある方が近くて良いと思うかもしれない。

というわけで、ブラジル人がどちらの応援に回るのかは予言できない状態だ。
アルゼンチンのライバル視は、ペレとマラドーナの舌戦が続くように伝統的な習性であることを重視して、ドイツ応援8割アルゼンチン応援2割とみるが、実際はどうなるだろうか。

神よ見応えのある決勝戦に祝福させ給え!
と祈るのも少しはばかられるかもしれない。
ローマ法王 Papa Francisco はアルゼンチン人である。

広告

歴史に記憶される夜

2014年7月8日、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテ、ミネイロン・スタジアム(Estádio Mineirão)におけるブラジルの歴史的大敗(1-7)から一晩過ぎた。
昨日のテレビ中継解説やニュースで、どのような表現をしていたのか、書き出してみた。
以下がすべてではないだろうが、思い出す限りこのような単語が使われていた。
動詞・形容詞で使われる場面もあったのだが、全部名詞形にしてある。
訳は現代ポルトガル語辞典から抜き出した。

tristeza 悲しみ・悲哀(寂しさ・消沈・陰気)
decepção 失望・期待はずれ・幻滅・落胆(不愉快)
humilhação 屈辱・恥・不面目
vexame 屈辱・不面目
colapso 崩壊・危機
sofrimento 苦痛・痛み・苦悩(忍耐・あきらめ・不幸・災難)
massacre 惨殺・虐殺
vergonha 恥・羞恥・恥辱・不面目
mágoa 悲しみ・苦痛(不愉快・不満)
atropelo 踏みつけ・押し倒し・苦痛

試合中に花火を上げるのは自チームが得点した時であるが、怒涛の10分間が過ぎるころからは、もうどうでもよくなったのか、このままでは花火が余ってしまうと思ったのか、ドイツのゴールでも花火が炸裂していた。
テレビ中継では、後半ブラジルサポーターもドイツのゴールに拍手していた。

試合後に1.5キロほどのところにあるスーパーマーケットまで歩いて出かけた。
通りのバーはもちろん祝勝の大騒ぎとは程遠かったが、そうかといって沈痛の重い雰囲気からも異なり、いつものように音楽がかかって一見普通の夜のような感じで、報道によるとサンパウロやクリチバでみられたらしい放火略奪のような物騒な事件は、この地方都市では起きることもなかった。

その仏系スーパーマーケットで見たのが次の写真である。
CopaDeco07
verde e amarelo 緑と黄色の飾りはあちこちにみられるが、トイレットペーパーの特別バージョンが出ていた。
トイレで用を足すたびにブラジルの応援をするためか、本来の用途とは違うがデコレーションに使うためかはわからない。

よく見ると下半分はきれいに国旗のデザインになっているのだが、上半分が崩れている。
店員が売れた分を補充するときに、デザイン通りに並べるのが面倒になったのだろう。

これからワールドカップ関連商品の売れ行きはどうなるのだろうか。
まあトイレットペーパーなら、セレソン敗退でも不良在庫になってしまう心配はないだろう。

一夜たってみると、あの敗戦の現実感が薄いのだが、インターネットやテレビをみると、歴史的事件(と言ってよいだろう)は重い現実である。
たぶん多くのブラジル人が感じているだろう、あれは夢ではなかったのかという非現実感は、徐々に数十年たっても語り継がれる事実に固まってくるのだろう。

セレソンの優勝をブラジルで一番切望していたのは、共和国大統領を筆頭とする現在の政権であったと思う。
ワールドカップで無駄金を浪費しているため保健・教育の予算が少ないという政権批判を一気にかわせるからだ。
デモはどこへ行った?というテーマで書こうと思っていたのだが、書くまでもなくすぐに戻ってくるかもしれない。

個人的には抗議運動デモに同感するところが多いので、理想的には決勝でアルゼンチンとあたって2-1で惜敗して現実に戻るというパターンが最善の未来と思っていたのだが、実現した現在は全く異なってしまった。
記事アップ後に起こる準決勝のもう一戦の結果で、6月12日の3位決定戦の相手が決まる。

心配なのは当の選手たちの精神状態である。
このわずか3日間の精神ケアと休養で復帰できるだろうか。
ここはショック療法、ライバル意識を利用するのだ。
アルゼンチンとあたり、永遠の、宿命の、その他無数の最大級の形容詞をつけたライバルとの一戦になり、一矢を報いて、これまでの数十年の不運を一気に集めた昨夜の後遺症から早く立ち直ってほしいものだ。
負けたら傷口に塩を塗ることになる危険は承知であるが、3位決定戦の相手はアルゼンチンであるべきだ。

ああそれでも、クラシック音楽番組でハイドン「神よ、皇帝フランツを守り給え」弦楽四重奏曲第77番『皇帝』第2楽章がかかるたびに、これからはF1のシューマッハと共に、セレソン・アレマン(ドイツ選抜)を思い出すことになるのだろう。

W杯国旗路上ペイントと車デコ

2014年ワールドカップブラジル大会もあと4試合を残すところまできた。
ここまで残っている4チーム、ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダと欧州2、南米2と分けているが、すべての国はあと2試合を戦い、その勝負結果で、
勝勝 優勝
勝負 準優勝
負勝 3位
負負 4位
と順位が決まる。

準決勝(Semifinal)でブラジルは、Neymar及びThiago Silvaという攻守の要をけがとイエローカードで欠き、欠員なしのドイツに挑むことになってしまった。
絶対的強さを感じさせない今回のセレソンは、これまでもチリとのPK戦とか、ネイマールの負傷退場とか苦しみながらすれすれで勝ち残ってきている。
安心して見ることができないのがこのセレソンの特徴といえようか。

少し写真をのせてみよう。

CopaDeco01
Bar do Japão? 日本のバー?
近所の街角のバーなのだが、日系ブラジル人の経営かもしれないが、多分主人のあだ名がJapão(読みはジャパンあるいはジャポン)というのだろう。
Japãoというあだ名のブラジル人であるが、あちこちにいて、血筋が全然日本と関係なくても目が細いとか、あるいは全く不可解ではあるのだが、外見が日本人に似ていないのにJapãoと呼ばれている人もいる。
そしてこれらのJapãoさんであるが、多分このあだ名が気に入っているのだろう。
Japãoと呼ばれることが嫌だったらわざわざ商売の屋号に使うことはないからだ。
もちろん、商売で誠実であることは、日系ブラジル人の多く住む地域では知られていることで、そのイメージにあやかろうという商売気も入っているだろう。

店の前の舗道のペイントまで念が入っているが、残念ながら絵が下手である。
2014年6月8日撮影

CopaDeco02
特に変哲もない普通の住宅の、塀とガレージの扉に描かれた、ブラジル国旗を背にする大会マスコット Fuleco(フレコ)である。
前のより絵がうまいなあと思ったが、写真に写っていない玄関入口横の看板を見たら、ペンキ塗り職人の家であった。
2014年6月8日撮影

CopaDeco03
ブラジル国旗の色といえば、verde e amarela 緑と黄色、さらに2色付け加えるのなら天球の青と標語の書かれた帯の白である。
簡略して国旗を描くときは、真ん中の天球部分がただの青い丸になったりする。
この写真を撮ったのは6月13日、開幕戦ブラジル-クロアチアの翌日である。
黄色の部分が塗ってない。
開幕まで塗るのが間に合わなかったのか、金が尽きて黄色のペンキが買えなかったのか、その原因は不明だ。
撮影以来この通りを歩いていないので分からないが、以後黄色部分が塗られているのかもしれない。

CopaDeco04
写真の撮り方がうまくないのも原因だが、十字路にあるキノコに似たわけのわからない形は、ワールドカップの優勝トロフィーに違いない。
2014年6月25日撮影

CopaDeco05
優勝トロフィーの上方にあるブラジル国旗は、南十字も帯も描かれている。
帯の標語はないが、塗りかけで放り投げてなく、完成形である。
2014年6月25日撮影

CopaDeco06
ボンネットと両側のドアミラーの、ブラジル国旗乗用車デコ3点セットである。
左右のドアウィンドウ上端に取り付ける国旗がつくと5点セットになる。
普通よく見るのはボンネットの大ピース一点である。
2014年6月25日撮影

どこの国でもこれをやるのかと思っていたのだが、きのうのニュースで見たアルゼンチンの留学生が車のブラジル国旗デコを珍しがっているところを見ると、隣国ではあまり一般的でないようである。

ブラジルの外国人身分証明書

友人の依頼があったのでインターネットでわかる限り、少し調べてみた。
できるだけ公式なサイト、ブラジル法務省の外国人関連のページで調べた。
http://portal.mj.gov.br/data/Pages/MJ33FCEB63PTBRNN.htmリンク切れとなっていて、後継ページは、
http://www.justica.gov.br/seus-direitos/migracoes/permanencia/permanencia-1
のようである。
法務省のサイトはリンク切れや手数料金額などの改定が遅れているという問題があるので、実務を行う管轄である連邦警察のサイトのほうが更新が的確である。
でも法令に基づく原則などは法務省のほうが体系だっているようである。

Permanência (永久)滞在

ブラジル国内にいる外国人が永住ビザを得る資格

観光ビザの場合を除くと、本来はブラジル入国前に一時ビザか永住ビザをもっているはずであるから、どうやって永住ビザを取るのかはここでは触れない。
法的根拠
Lei nº 6.815/80
Resoluções Normativas do Conselho Nacional de Imigração – CNIg

  • 難民・亡命
  • ブラジル人の配偶者あるいはブラジル人の親
  • 21歳以上のブラジル人、永住・一時ブラジル居住の外国人の扶養家族
  • ブラジル人あるいは永住外国人の同居(同棲)者(性は問わず)
  • 教師、高レベルの技術者・研究者あるいは科学者の資格で一時滞在ビザを持つ外国人
  • 人身売買の被害者
  • 2年を超える期間ブラジル不在のため永住資格を失った外国人

ブラジル不在のケースでは、偶然の原因あるいは不可抗力の場合、例外的に、法務省は外国人の永住資格復帰さらに(外国人)登録抹消の取り消しを許可できる。

1988年ブラジル連邦共和国憲法の定めるところにより、ブラジル国内の永住外国人には、国籍に固有の事項を除いて、ブラジル人に与えられるすべての権利が保証される。

手続き中の外国人は住所の変更があった場合は30日以内に連邦警察署にその旨を届ける義務がある。

法務省のページには上の記述以降に、ケースごとのリンクが張られている。
さて、ここで知りたいのは最後のケースである。

解説

駐在員などでブラジルに滞在したことがある人の中には、技術者や、日本資本によるブラジル現地法人の資本金に応じてその管理者とかの要因で、永住ビザを保持している人がいる。
よほどブラジルが気に入って退職後にはブラジルに移住したいという人も、多いか少ないかは分からないがきっといるだろう。
その人たちにとっては、このブラジル不在2年で永住資格喪失という縛りがけっこう大変である。

法務省サイトのページ、
2年以上の期間ブラジルを留守にしていたため永住権を失った外国人の永住権-永住権の再確立
の要件をみる。
明確、限定的である。

  • 永住者として登録済みである
  • 以下を実施するためにブラジル領土に2年間を超す期間不在であった:
  • 科学技術省により認定された団体での大学学士過程あるいは学士卒業後過程の就学;あるいは
  • 職業訓練;あるいは
  • 研究活動;あるいは
  • ブラジル政府の任務での職業活動

というわけで、まあ当然ではあるが「日本からブラジルに行く金と時間がなかったので2年を超えてしまいました」という言い訳では永住権回復はできないということである。

外国人登録

ブラジル入国の目的が観光、商用、スポーツ及び芸術活動の場合には、連邦警察での登録及び外国人身分証明書は必要とされない。
この場合入国時に即時登録がなされる。
一時資格でブラジル国で雇用採用された外国人、永住・難民・亡命滞在資格の外国人は連邦警察で、入国あるいは亡命・難民資格認可から30日以内に指紋採取を含む登録を必要とする。
外交・公用ビザ所有者及び取り決めによりビザ免除されたものは、ブラジル国滞在期間が90日を超える場合には外務省で登録する必要がある。

外国人登録に必要な書類

  1. 有効な旅行書類
    原本及びその認証コピー(コピー機によるコピーを原本と同時に登記所で見せて同一証明を受ける)
    普通はパスポート、メルコスル(アルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイ・チリ・ボリビア・ペルー・コロンビア・エクアドル)人国籍の場合には身分証明書
  2. 領事によるビザ及びビザ申請原本
  3. 大きさ3x4cmの最近の写真2枚
    カラー背景白
  4. 連邦納付票(Guia de Recolhimento da União – GRU )下に説明するようにプリントして銀行で支払う手数料納入証明書
    コード 140120 外国人登録証明書1通目手数料 R$ 204.77
    コード 140082 外国人登録・登録回復手数料 R$ 106.45
  5. 下に説明する手続きで得るインターネットによる申請登録書

注意
登録の期限に注意、期限内に面接日時を指定できない場合は、速やかに居住予定地管轄の連邦警察署に出頭すること。

外国人身分証明書 (Carteira de identidade de estrangeiro)

  1. 一時滞在・永住・亡命あるいは難民資格の外国人で連邦警察で登録したものには外国人身分証明書が与えられる。
  2. ブラジル入国の目的が観光、商用、スポーツ及び芸術活動の場合には、連邦警察での登録及び外国人身分証明書は必要とされず、この場合入国時に即時登録がなされる。
  3. 外国人身分証明書の発行申請は、申請者本人の最寄りの連邦警察署出頭によってのみ行われる。

どのように申請?

  1. https://servicos.dpf.gov.br/sincreWeb/ で“Requerer Registro, Emissão/Renovação de Cédula de Identidade de Estrangeiro, e Anistia – Agendamento”で電子フォームに必要事項を入力する。
  2. 電子フォーム記入後システムへ、連邦警察署での手続き応対の日時を指定する。
  3. フォームをシステムにセーブし、連邦税納入票と共に印刷をする。
  4. 指定した日時に指定した連邦警察署へ、日時指定ができなかった場合は居住予定地最寄りの連邦警察署へ、必要書類を持参して手続きを行う。

注意
登録の期限に注意、期限内に面接日時を指定できない場合は、速やかに居住予定地管轄の連邦警察署に出頭すること。

初発行手数料

記入する連邦歳入庁コードは140120 (1ª via de CIE CIE初発行)、金額はR$204.77(2016年12月現在)。
https://www2.dpf.gov.br/gru/gru?nac=1 へアクセス

再発行手数料

証明書の紛失、盗難の場合には、
記入する連邦歳入庁コードは140139 (CIE – outras vias CIE再発行)、金額はR$502.78(2016年12月現在)。

更新

外国人身分証明書の有効期限は9年であり、期限終了前に更新手続きが必要。

と、以上法務省のサイトからであるが、機能しないリンクがあるし金額は古いし、少し噛み砕いて説明しよう。

申請方法を少しだけ親切に説明-外国人登録/外国人身分証明書初回・更新手続きの流れ

持参する必要書類が異なるが、手続きは初回も更新も同じである。

  1. 連邦警察の関連ページはこちら
    “Requerer Registro / Emissão / Renovação / Segunda Via de CIE”というページが出る。
  2. ページ内の番号1の中のclique aquiをクリックすると申請書入力フォーム(154フォーム)が出てくる。
    記入のためいくつか簡単な注意を。

    • Unidade Polícia Federal
      左のリストボックス中でまず州の2文字略号を探してから、右のリストボックスで最寄りの都市の連邦警察署の地名を探す
    • 父親、母親の氏名を入力する欄がある
    • 出生国と国籍を選択する欄がある
    • 主な職業をルーペのアイコンをクリックして選択するのだが、ポルトガル語がわからないと面倒そう。何を選んでも問題はないとは思うが。
    • ブラジルへ入国(中を見てないが入国日と入国地)のデータ入力タブがある
    • 自宅と勤務先と二つの住所の入力のためそれぞれのタブがある
  3. 番号2の中のGerar a GRUをクリックすると”Imigração / Estrangeiros”と書かれる連邦納入票発行のページへ飛ぶ
  4. 3. Pessoas e entidades estrangeirasをクリックすると入力フォームが出てくる
    先のフォームとほぼ同様である

    • Unidade Arrecadadora 納入連邦警察署は、先のフォーム同様担当する連邦警察署を選択する
      リストボックス中でまず州の2文字略号を探してから、最寄りの連邦警察署の地名を探す
    • Código da Receita STN 連邦歳入コードは、ルーペのアイコンをクリックして出てくるリストからコードを選択するのだが、
      最初の身分証明書、または期限が来たために更新の場合のコードは140120、金額はR$ 204.77、
      身分証明書紛失・盗難の場合の再発行の場合のコードは140139、金額はR$ 502.78
  5. 電子フォーム記入後システムへ(連邦警察署で手続きの)日時を指定する。
  6. フォームをシステムにセーブし、連邦納入票と共に印刷をする。
  7. 連邦納入票を銀行へ持っていき支払いをする
  8. 指定した日時に連邦警察署へ必要書類を持参して手続を行う

備考

  • ブラジル国領土に継続して2年を超える期間不在の永住資格外国人は永住資格を喪失して、外国人登録と外国人身分証明書は失効する。
    この項だけ原文を載せておく。
    O estrangeiro permanente que se ausentar do Território Nacional, por mais de 02 (dois) anos ininterruptos perderá a permanência, tendo o seu registro e sua Cédula de Identidade de Estrangeiro cancelados.
  • 未成年の外国人は、親あるいは法的責任者に同伴で手続きする。
  • 証明書更新の申請は、有効期限内に行わななければ罰金の対象となる。
  • 永住資格のある外国人の外国人身分証明書の更新は、有効期限が切れた後でも、既に外国人登録してあれば、有効期限日までに60歳に達した場合あるいは身体障害を得た場合に免除される。

連邦警察サイトの外国人身分証明書に関するQ&A

9 – 国外にいてCIEを更新できますか?
外国人身分証明書の更新は、有効期限前に本人によってのみ可能です。
(訳注)在外公館で可能との記述はなく、連邦警察作成の書類であるから、連邦警察に本人出頭が必要という意味だろう。

10 – 外国人身分証明書の期限が切れました。更新するために罰金を支払わなければなりませんか?
有効期限切れのCIEの更新は罰金があり、GRU(前述した連邦税課金納付票)で連邦歳入庁コード140490、金額はR$165.55です。

11- いつから外国人身分証明書の更新ができますか?
規則ではCIEの更新手続きは連邦警察で有効期限の3カ月前から始められます。

解説

友人の疑問は、2年以内のブラジル国領土に不在期間中に、外国人身分証明書の期限が切れてしまうのだが、切れる前にブラジルへ入国しなければならないのか、切れるままにして1年12カ月目になるのを待ってからブラジルへ入国しても良いのか、というものだ。

「ブラジル国領土に継続して2年を超える期間不在の永住資格外国人は永住資格を喪失して、外国人登録と外国人身分証明書は失効する。」と書いてあるから、2年を越して2年1ヶ月目になると永住資格を失ってしまう。

外国人身分証明書の期限切れ後、最後のブラジル出国から1年12ヶ月目までにブラジルへ入国した場合は、R$165.55の罰金を払ってから、ブラジル滞在中にR$204.77の手数料を支払って外国人身分証明書を更新することになる。

外国人身分証明書の期限が切れる前にブラジル入国して更新手続きすることができる場合は、ブラジル滞在中にR$204.77の手数料を支払って外国人身分証明書を更新することになる。