リオは最近韓国状態

リオ、正確に言うとリオ・デ・ジャネイロ州がおかしい。

日本でもブラジルでも公務員は堅実な職業である。
しかもブラジルの公務員は警察や医療も含めてストライキ権が認められている上に、馘になることがほとんどない。
1千2百万人といわれる失業者や失業すれすれの生活をしている民間から見れば天国である。

しかし今リオ州の公務員の給料遅配は常態となってしまっている。
遅れたり分割払いになったりしている。
全員がうらやまれるような金額をもらっているわけではないし、第一支払スケジュールが狂うから自転車操業家計の人は大変だろう。
多少気の毒である。
リオ州知事が公務員の負担増加を伴う州の緊縮財政案を提出して、州議会は審議中なので議事堂前では公務員のデモで大騒ぎである。

それだけではない。
2016年11月18日の各新聞の1面見出しに語ってもらおう。

Correio紙
「リオで24時間内2人目の元州知事逮捕」
“Rio tem segundo ex-governador preso em 24 horas”
そう、一昨日はアントニー・ガロチーニョ、昨日はセルジオ・カブラルである。

O Globo紙
「カブラル発見される」
“CABRAL É DESCOBERTO”
これだけでは何のことかわからないだろう。

Correio Braziliense紙
「カブラルがバングーを発見した日」
“O dia em que Cabral descobriu Bangu”
カブラルと発見はなんか関係があるのか?

そこで少しだけブラジルの歴史を説く。
ポルトガル人探検家ペドロ・アルヴァレス・カブラル Pedro Álvares Cabralは大西洋を横断して、西暦1500年4月22日、その年のイースターの8日後に、将来ブラジルとなる土地を発見した。
この知識があれば、なぜこの日の新聞が執拗に引用しているのかがわかるだろう。

そして少々の地理の知識を。
バングーは留置所や刑務所のコンプレックスのあるリオ・デ・ジャネイロ市の地区の名である。

MEIA HORA紙
「連邦警察はカブラル発見、カブラルは牢屋発見」
“A FEDERAL DESCOBRIU O CABRAL E CABRAL DESCOBRIU A CADEIA”
この新聞は大衆紙だろうか、1500年のカブラルの服装のイラストに前州知事の顔をコラージュして、吹き出しに
「バングーが見えたぞ!」 “BANGU À VISTA!”
と叫ばせている。
capameiahora

連邦警察と検事局の捜査によると、セルジオ・カブラルは収賄した金で豪奢な生活を楽しんでいたというから、次の新聞見出しが意味を持ってくる。
海外旅行だけでなく、豪華ボートとかヘリコプターとかを所有していたという。

O Dia紙
「パリからバングー8へ」
“DE PARIS A BANGU 8”
バングーは刑務所・留置所コンプレックスであり、バングー8は高学歴者と警察・消防官用の留置所だそうだ。
今日のニュースでは、竣工式で除幕をしたのはセルジオ・カブラル前州知事自身という皮肉な事実を報道した。

EXTRA紙
「今度の旅行はパトカーで」
“AGORA O PASSEIO É DE CAMBURÃO”
カンブロンとはただの警察車でなく、後部に隔離された逮捕者用区画があるので、コンパートメントが付いているという意味では豪華客船や豪華列車のようなものかもしれない。
内側に取っ手がなく自分では外に出られない点が異なっている。

リオ出身で留置所住まいの仲間はもう一人大物がいる。
Dilma元大統領と相打ちした格好になったエドゥアルド・クーニャ元下院議長は、リオ・デ・ジャネイロ州選出である。

オリンピックのリオ・デ・ジャネイロ大会が終わってから問題が急にあらわになったようにみえるが、オリンピックを開催できたのは意地で問題を先延ばしにしてきたからだと言えるだろう。
ワールドカップ2014ブラジル大会で決勝会場となり、今年はオリンピック会場となったマラカナンスタジアムの改修工事費用から5%が抜かれていたと言われている。

2年後に冬季オリンピック大会が開催される、元大統領がことごとく不運に見舞われ、現大統領が死に体になっている韓国と、今のリオ・デ・ジャネイロ州の姿が重なる。

日本の良いところであり悪いところであるのが、時間にまだ余裕があるのに前々から心配して、あれをやれとかやるなとか喧喧囂囂(けんけんごうごう)であるが、リオの後なら運営はどう転んでもマシに見えるのだから自信を持って、リオ大会を他山の石として資金が正しく使われるように政治家と建設会社の動きには十分注意してもらいたいものである。

広告

最も危険な25都市の風景

As 25 cidades mais violentas do Brasil
Estadão – Lucas Azevedo
http://www.msn.com/pt-br/noticias/brasil/as-25-cidades-mais-violentas-do-brasil/ss-AAk9dvG?li=AAggXC1

最近上の記事が出た。
リオ・オリンピックも人々の記憶から徐々に遠くなっていくが、リオの治安が悪いという話は絶対忘れられないという人は多いだろう。
リオ・デ・ジャネイロなんか目じゃないという驚異的な殺人率を持つ市である。
ブラジルでは市、町、村に当たる区別はなく、全部ムニシピオ(município)というので、市、都市としておく。
なおこの統計では、全ての殺人ではなく、HAF = Homicídios por Arma de Fogo つまり火器=火薬を使って弾を撃ち出す武器による殺人という分類である。

というと、どんな街角の風景なのか見てみたくなるだろう。
上のサイトにはワースト25市の写真がのっている。

注意しておきたいのは、写真の撮り方が市ごとに異なっていることである。
ある市では観光資料から借用したのだろうか、セントロ(市の中心)の教会や広場とか鳥瞰写真とか、きれいな絵葉書風の風景写真となっている。
反対に、殺風景な街角で警察官が何か捜査をしていたり、警察車が止まって検問のようなことをしている事件写真もある。
1位2位の市などは、警察署とパトカーの写真だったり、3位の市は暴力反対の住民デモの写真であったりする。
9位ポジュカと10位ラウロ・デ・フレイタスの写真の格差を見ると、ポジュカの住民は怒り狂いそうである。
エスタドン編集部できれいな写真が見つからなかったのか、半ば悪意を持ってセンセーショナルな写真を撮りたかったのかはわからない。
明らかにマスコミの操作がされている各市の写真を見て比較はできないので、醜い写真があったからといってその市がどこも殺伐としていると思わないようにしよう。

下の表はワースト40都市のデータである。
先の「ブラジル殺人 > シリア内戦 は本当か」に書いたことを裏付けるように、ブラジル地方の比較では北東部の市が、治安のワーストリストの大部分を占めている。

Tabela 6.1. HAF e taxas médias 2012-2014* de HAF (por 100 mil) nos 150 municípios com
mais de 10.000 habitantes, com maiores taxas médias. Brasil, 2012-2014*.
2012年から2014年の3年間について、(火器殺人数の平均)/(市の人口の平均)を10万人当たりの火器殺人数に換算した数字
調査対象都市は人口1万人以上、順位は殺人率の高い順

順位 地方 3年平均
人口
3年平均
火器殺人率
Mata de São João BA NE 43.753 102,9
Murici AL NE 27.796 100,7
Satuba AL NE 14.666 95,5
Conde PB NE 22.941 94,4
Eusébio CE NE 49.252 93,4
Pilar AL NE 34.593 92,5
Ananindeua PA N 492.524 91,6
Simões Filho BA NE 127.670 91,4
Pojuca BA NE 35.906 87,3
10º Lauro de Freitas BA NE 181.146 85,9
11º Marechal Deodoro AL NE 49.290 85,2
12º Quixeré CE NE 21.154 85,1
13º Itabuna BA NE 214.311 81,2
14º Porto Seguro BA NE 138.643 81,0
15º Rio Largo AL NE 72.018 80,5
16º Santa Rita PB NE 129.597 80,0
17º Itaitinga CE NE 37.550 79,9
18º Arapiraca AL NE 225.036 79,7
19º Tabuleiro do Norte CE NE 29.894 78,1
20º Horizonte CE NE 60.335 77,9
21º Maceió (アラゴアス州都) AL NE 985.148 77,2
22º Jaguaribara CE NE 10.848 76,8
23º Fortaleza (セアラ州都) CE NE 2.541.299 75,3
24º Santa Cruz Cabrália BA NE 27.507 75,1
25º Macaíba RN NE 74.673 75,0
26º São José de Mipibu RN NE 41.876 74,8
27º São Joaquim de Bicas MG SE 27.780 70,8
28º Serra ES SE 455.438 68,9
29º Presidente Dutra MA NE 45.991 68,9
30º Eunápolis BA NE 108.488 67,3
31º Coruripe AL NE 55.008 66,7
32º Russas CE NE 73.134 66,1
33º Aquiraz CE NE 75.873 65,9
34º Baraúna RN NE 26.041 65,3
35º Valença BA NE 94.371 65,0
36º São Sebastião AL NE 33.432 64,8
37º Camaçari BA NE 270.742 64,8
38º Santana do Ipanema AL NE 46.799 64,1
39º Piaçabuçu AL NE 17.729 63,9
40º São José da Laje AL NE 23.568 63,6
41º São Miguel dos Campos AL NE 58.409 63,3

エチオピアビールの新顔キャンペーン

エチオピア航空の話をまた一つ。

latacervejaetiopia

機内食で供された缶ビールのラベルが何かかわいい。
子供とも女性とも取れるけれど、ビールに子供という組み合わせはまずいだろうから、やはり女性だろう。
そう言われてみれば、まわりのCAにこんな感じの人がたくさんいたと思う。

缶にはhabeshaと書いてある。
検索すると
Habesha is a term Ethiopians and Eritreans use to refer to themselves.
とあったので、文字通りエチオピア産だ。

Canned Habesha Beer on ET flights
News By Muluken Yewondwossen – September 5, 2016

によると、この銘柄自体が新しく2015年7月に生産開始、機内食で出るようになったのはこの記事で未来形なので最近の話だ。

この缶ビールはエチオピア国内地上での流通はないと書いてあるから、コカコーラのリオ・オリンピックバージョンよりもずっと珍しそうである。

LataCocacolaRio

でも機内食のワインはスペイン産だった。
ワインの写真を取るのは忘れた。
ビールもワインもおいしく頂いた。

ブラジル全土で携帯電話番号が9桁

「サンパウロ市周辺の携帯電話番号が9桁」という記事を書いたのは2012年7月のことである。
それから4年以上の時を経て、ブラジル全土の携帯電話の電話番号が9桁になった。
この期間中、地方ごと、というか市外局番グループごとに時期をずらしながら順次、これまでの8桁の番号の先頭に9が付けられてきていた。

最後に残っていた8桁地域、市外局番41から49つまりブラジル南部のパラナ州とサンタ・カタリーナ州、それからリオ・グランデ・ド・スル州の51、53、54、55地域にも2016年11月6日からは9をつけることとなった。

これからはブラジル全土で次の原則が通用する。
0-xx-xx-xxxx-xxxx
0-xx-xx-9xxxx-xxxx

  • 2桁 キャリア識別番号 código de operadora
  • 2桁 市外局番 código DDD
  • 8桁なら固定電話 通常は先頭が2, 3, 4, 5
    9桁なら移動電話 通常は先頭が9であるが将来は8が加わるだろう

サンパウロでも博多でも道路陥没

博多で道路に大穴が空いたニュースを見た。
ブラジルでも過去にこんなことがあったなと検索した。

サンパウロの地盤陥没の写真は以下のリンクで見られる。
https://www.google.com.br/search?q=desabamento+obra+metro+sao+paulo&biw=1115&bih=651&tbm=isch&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwjkkaXBtqHQAhWEjpAKHZwqDB0Q_AUICSgC&dpr=1

都市 サンパウロ 博多
事故日 2007/01/12 2016/11/08
大きさ 長径80m短径40m 30m四方
深さ 32m 15m
計算容積 321,500立方メートル 13,500立方メートル
原因 地下鉄工事 地下鉄工事
死者 7 0
避難区域 半径1km 350m x 150m
その後 3ヶ月間工事中断
4年後に地下鉄開通
3日後に穴補充
6日後に仮復旧予定

容積は単に規模を想像するために計算しただけで、実際にその容積の空間が生じたわけではない。
穴の大きさと被害者の重大さは桁違いに異なるが、復旧の速度も大違いである。

サンパウロの穴の工事中断が異常に長期と思われるだろうが、原因追求にかなり時間がかかっていた。
結局工事責任者には、事故予見は不可能だったから無罪の判決が出た。
博多の陥没穴復旧が、中国の高速鉄道事故車両埋めと同種でないと信じたい。

デブの歩幅は狭い

ストップウォッチと歩数計でウオーキングの計測をする。
普通は8千歩を少し超えるくらいなのだが、ある日9千歩を超えたことがあった。
前日8173歩だったのが、9103歩になった。
寄り道はしていないから距離は同じであるはずだ。
でも前日より930歩、11パーセントも多い。
理由は不明だ。

そうしたらおかしな画像がSNSで送られてきた。
運動でズルをする太った男性の画像を見ながら思いついた。

歩数計の中にはバネの付いた振り子が入っている。
歩数計を脂肪層たっぷりの太鼓腹の前に装着して歩いたり走ったりする姿を想像しよう。
通常体型の人だったら一歩で一回上下する歩数計が、タポタポの腹脂肪の振動によって二回上下振動してしまうのではないか。
そうすると普通の人の一歩がデブの二歩と勘定されることになる。

通常会話で「太っている」という形容詞は’gordo’である。
「太った人」という意味の名詞も同形である。
女性であったら語尾の’o’が’a’に替わり、複数だったら’s’がつけられる。
日本語で一語で「太った人」を表す単語は何だろうか。
「デブ」しか思い浮かばない。
だからここではデブと呼ぼう。

別にデブに恨みがあるわけではない。
デブに良い人もいれば、健康的体型だが頭の中は病的という人もいる。
しかし距離と空間が密接する場合に問題は起きる。

これから三十時間の飛行機の旅が始まるというとき、隣はどんな人かなと期待していたら、肘掛けはおろか横っ腹や太ももがこちらの領域まではみ出すようなデブが「ここは私の席ですね。道中よろしく。」といくら礼儀よく挨拶してくれても、どんなに性格が良い人であっても、ああこれから何十時間も圧迫されながら過ごすのかと思うと泣きそうな気持ちになる。
これについては誰にも異論はないと思う。
飛行機だろうが地下鉄で隣駅までだろうが、デブの隣に座りたいという人はいるわけがない。
勘弁してもらいたいと思わない人がいたら、会って悟りの境地に達した話を聞かせてほしい。

もちろん人が他の人をどう感じるかは全く自由だし対等だから、隣はどんな人かなと期待されたところ、加齢臭は香しく身なりはみすぼらしい胡散臭いおっさんだったと、正確に観察されても不当に見下されても、一向に文句は言えないから黙って我慢する。

そんなに文句があるのならビジネスクラスで行けと言われそうだが、金があったらそうしたいわけで、デブの重量と図体の容積が飛行機の浮力と機内空間容積とに与える影響を考慮すると、デブにこそエクゼクティブやファーストの旅を楽しんでほしいものである。
過重な荷物には超過料金がかかるのだが、上限体重を超えた場合に超過料金がかかるという料金体系はないのだろうか。
LCCは何を消費しても料金がかかるというが、トイレ使用や超過体重には料金をかけることはないのだろうか。

おかしな歩数計の話に戻る。
一晩でそんなに太った覚えはない。
幸い翌日のウオーキング歩数は8328歩だった。
少し多いがまあ誤差の範囲だ。
たまたま調子悪かったのだろう。

こういうのをときどき見て、太ると良いことがないと心得るようにしている。

太った人の脳は10歳早く老化している
40歳を過ぎると標準体重の人との差が拡大
2016/9/27 大西淳子=医学ジャーナリスト
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/15/050800004/092300038/

「太っている人の汗は臭い」ってホント?
そのにおいは加齢臭、疲労臭、ミドル脂臭、糖尿病臭の複合体だった
2016/8/17 伊藤和弘=フリーランスライター
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100018/081000040/

デブという単語はもちろん、’gordo’も学術用語ではないということが、調べてみるとわかる。
検索語’IMC’を入れたのだが、スペイン語版が先に出てきたのでついでに載せた。
Body Mass Index (BMI) [en.] = Índice de Massa Corporal (IMC) [po.] = Índice de Masa Corporal (IMC) [es.]
World Health Organization (WHO) [en.] = Organização Mundial da Saúde (OMS) [po.] = Organización Mundial de la Salud (OMS) [es.]

BMI/IMC/IMC 日本肥満学会 Classificação OMS Clasificación OMS
< 16 低体重(痩せ型) Magreza grave Delgadez severa
16 a < 17 低体重(痩せ型) Magreza moderada Delgadez moderada
17 a < 18,5 低体重(痩せ型) Magreza leve Delgadez leve
18,5 a < 25 普通体重 Saudável Normal
25 a < 30 肥満(1度) Sobrepeso Preobeso
30 a < 35 肥満(2度) Obesidade Grau I Obesidad leve
35 a < 40 肥満(3度) Obesidade Grau II (severa) Obesidad media
> 40 肥満(4度) Obesidade Grau III (mórbida) Obesidad mórbida

‘saudável’とは健康的という意味だから、’normal’と同じ意味で使われている。
痩せているという形容詞をポルトガル語で’magro’というところをスペイン語で’delgado’というのが違うくらいで、あとは特に変化があるわけではない。
日本肥満学会の分類が世界保健機関のものと異なるのは、BMI25から30の呼称で、日本に限って「肥満」という単語が使われている。

ブラジル殺人 > シリア内戦 は本当か

ブラジルの殺人数は戦争している国より多い
Número de homicídios no Brasil é maior do que o de países em guerra
http://g1.globo.com/jornal-nacional/noticia/2016/10/numero-de-homicidios-no-brasil-e-maior-do-que-o-de-paises-em-guerra.html
先週のニュースの記事である。

2015年一年間、ブラジル国内で58,383人が殺人事件の犠牲となった。
9分に一人、一日で160人という数である。

シリアでは2011年から2015年の4年間(注:放送されたまま)に256,124人が死んだ。
ブラジルでは同じ期間の殺人数が278,839人だった。

2015年で暴力度の高い州はどこか。
一年間の人口10万人当たり殺人数で比較する。
セルジペ 57.3人、アラゴアス 50.8人、リオ・グランデ・ド・ノルテ 48.6人の暴力度が高かった。

反対に安全であった州は、サン・パウロ 11.7人、サンタ・カタリーナ 14.3人であった。

ブラジルの警察官は危険で過酷な職業である。
2015年に警察により死亡した民間人は3,345人、殉職した警察官は393人であった。
世界で一番、民間人の命(犯罪者であることもあれば流れ弾被害など無辜の人であることもある)を奪い、反対に自分たちの命をも犠牲にしているのがブラジルの警察なのである。

データはNGOブラジル公共安全フォーラム(Fórum Brasileiro de Segurança Pública)
http://www.forumseguranca.org.br/
からである。

とかく物事を大げさにセンセーショナルに騒ぎ立てるマスコミは、日本もブラジルも変わらない。

ブラジル最大の放送局Globoは記事の中でブラジルとシリアを比較して、ブラジルの殺人実数は内戦状態のシリアより多いという。
それだったらなぜブラジル人もシリア人のように難民とならないのだろうか?

ブラジルの人口は
http://worldpopulationreview.com
というサイトによると2016年推定値209,685,348である。

同サイトによるシリアの人口2016年推定値は18,649,031とある。
ブラジル人口の約十分の一に満たない。

シリアの人口がブラジルの十分の一で、死亡数が同じと仮定すると、シリアの内戦による死亡率はブラジルの殺人率の十倍になるのだから、一年間10万人あたり286人である。

当サイトによると、2013年9月のシリアの人口は22,457,336であったというから、その減少は老衰死、戦死、病気やけがによる死亡の他に、難民や移民となって国土を離れた人が数百万の単位に達することがわかり、これはこれで大変なことである。

最後にブラジル公共安全フォーラムの発表したデータを下に表にした。
地方でグループを作って、地方グループ内では殺人率の高い順に並べてある。
ブラジル内では北東地方が危なく、南部、南東地方が比較的安全であることがわかる。
植民地時代からポルトガル人によるブラジル発見にまで遡れる昔の伝統が残っているブラジル北東地方であるが、開拓期の、法や道理より暴力で手っ取り早く解決するという、荒っぽい風習が残っていると言えるのかもしれない。

故意による殺人の率-全ブラジルと州

「Mortes violentas intencionais 故意の暴力による死亡」とは、
homicídio doloso 殺意のある殺人、
latrocínio 物盗りに続く殺人、
lesão corporal seguido de morte 傷害致死
の合計である。
殺人の率は、2015年一年間の人口10万人あたりの殺人被害者数である。

地方 州名 略号 殺人率
全ブラジル 28.6
NE セルジペ Sergipe SE 57.3
NE アラゴアス Alagoas AL 50.8
NE リオグランデドノルテ Rio Grande do Norte RN 48.6
NE セアラ Ceará CE 46.1
NE バイア Bahia BA 41.7
NE ペルナンブコ Pernambuco PE 41.6
NE パライバ Paraíba PB 37.8
NE マラニョン Maranhão MA 33.8
NE ピアウイ Piauí PI 20.8
N パラ Pará PA 45.8
N アマパ Amapá AP 40.6
N アマゾナス Amazonas AM 37.1
N ロンドニア Rondônia RO 31
N トカンチンス Tocantins TO 25.7
N アクレ Acre AC 25.3
N ロライマ Roraima RR 18.2
CW ゴイアス Goiás GO 44.3
CW マットグロッソ Mato Grosso MT 41.3
CW 連邦区 Distrito Federal DF 23.4
CW マットグロッソドスル Mato Grosso do Sul MS 22.6
SE エスピリトサント Espírito Santo ES 37.4
SE リオデジャネイロ Rio de Janeiro RJ 30.3
SE ミナスジェライス Minas Gerais MG 20.8
SE サンパウロ São Paulo SP 11.7
S パラナ Paraná PR 25.2
S リオグランデドスル Rio Grande do Sul RS 24.7
S サンタカタリーナ Santa Catarina SC 14.3

ブラジル5地方区分

凡例 地方 Região 州数
NE 北東部 Nordeste 9
N 北部 Norte 7
CW 中西部 Centro-Oeste 3+連邦区
SE 南東部 Sudeste 4
S 南部 Sul 3

地方名凡例は、わかりやすいように英語の方角を使ってある。
方角の英語・ポルトガル語・スペイン語の対照は次のようになる。
north = norte = norte
south = sul = sur
east = leste = este
west = oeste = oeste