恐怖の顔認証便所紙供給装置

パナソニック、顔認証で自動帰国手続き 羽田に導入
2017/12/15 14:54
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24681360V11C17A2000000/

これを見たら、先月見た中国の写真を思い出した。
既にリンクが切れているが、
「トイレ革命」で習主席、異例の「重要指示」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00050067-yom-int.view-000
で見たのは、興味深い中国のトイレ革命である。

このページには二つの写真があった。
一つ目は昔から中国を観光で訪れる日本人の悪夢、いわゆる「ニーハオトイレ」であった。
対比する二つ目は、公衆トイレからトイレットペーパーが持っていかれるのを防ぐためのハイテク「トイレットペーパー・ディスペンサー」である。
何でも、顔認証で同一人には75cmを2回までは払い出して、その後は30分経たないと紙を出してくれないという。

今日は腹の調子が悪くて…(略)…という日はたいへん困るのではないか。
中国の都市にどれだけ公衆トイレが設置されているのかは知らないが、100メートルごとにあるとしよう。
100メートル、1分我慢して歩けば次のトイレがあって紙がもらえるのならまだ良い。
中国の公衆トイレのシステムが病的に過剰に完璧さにこだわって、全てのトイレがネットワークでつながっていて、隣のトイレにたどり着いても、もうこの人にはさっき紙を出したばかりだから…(略)…となったらもうおしまいである。

一見、日本は入出国管理、中国はトイレットペーパー盗難防止とは、中国よ、顔認証の使いみちがずれているのではないか?と突っ込みたくなるのだが、実はそんなことを笑ってはいられない。
公衆トイレまで顔認証を取り入れてしまう中国のITの強引さである。

中国ではgoogleもfacebookも遮断されて使えなので不便でかわいそう、と中国人ではない私たちは考える。
しかし、大防火壁の中で全ての必要物が賄える人、つまり外国のことはどうでも良いから、流れに身を任せていれば何の心配もないという普通の中国人にとっては、かえって人を惑わす煩わしい情報が入ってこなくて、当然何の不便もなく、すこぶる快適なのではないか。
使ったことはないが、百度も微博も阿里巴巴も中国で内部完結して、充実した生態系を作り上げているように見える。
中国人はシステムにプライバシー情報を無制限に渡すことに何の不安も持たないのか、いっせいに波に乗るのが中国人の特性なのかわからないが、支払の電子化が一気に進んだようである。
中国人の心配をしても始まらないが、国民のこのような態度は施政者にとっては非常に都合がよいだろうというのが最大の懸念ではある。

11月11日の独身の日たった一日で アリババで日本のデパートの年商額を超える取引があったとかいうから驚く。
あれだけの人口がネットワーク内ですべての取引を行うようになると、世界で一番充実したデータベースができてAIの学習が効率的になって、極めて短期間で精度が上がるということである。
そんな広範で強力なAIネットワークにつながっていれば、さっき腹の調子が悪くてトイレットペーパーを出してもらえなかった人のスマホに、近くの病院や薬局までの道順が出てきて、当然支払もそのスマホで済ませるように誘導されるのではないか。

一時日本ではお財布ケータイとかがもてはやされて、現金使用からいち早く脱却するのではないかとも思ったが、そのうち話題から消えてしまったのか、未だに日本ほど現金第一の国は他にないのではないか。
高額の現金を持ち歩いても危険がない環境が、余計に現金離れを起こさせないのだろう。
1円単位の端数が多くても釣り銭をいい加減にしない一般日本人の性格と、暗算能力が高いことも関係していると思う。
日本滞在時にはいかに小銭を減らすか、レジ前でよく計算したものである。

クレジットカードやデビットカードでの支払いは、青果市や行商人まで無線端末を持っていて、パスワードで支払認証できるブラジルのほうが日本よりずっと普及している。
素早い支払や現金携帯の危険だけでなく、小銭が家庭で死蔵されて不足しているのと紙幣が使い回しされて汚いことも現金・小切手支払いがカード支払いに替わられる理由と思われる。
衛生面からは、店員と購買者両方が同じテンキーを操作しなければならないICカード利用より、完全な無接触で操作が完了するスマホをかざす方式が優れているのは確かである。

広告

ふたご座流星群-ジェミニダス

Chuva de meteoros da constelação de Gêmeos=双子座の流星雨
ポルトガル語の専門用語ではGemínidas(ジェニダス)というらしい。
meteoros geminídeosとも書かれていた。
流星群の命名は、放射点の星座名(ラテン語)の語尾に-asをつけるのが法則のようである。
Perseidas、Leônidas、Eta Aquáridas、Oriônidasといった具合である。

こちらのニュース(Jornal Nacional 2017/12/13 20:15)の天気予報で次のように紹介された。

見るのに良い時間は、2017年12月14日未明0時から2時くらい。
出現数は1時間に30個ほど(60個という報道もある)。
Três Marias(3人のマリア?)の辺りを目印に見ろという。
Três Mariasとはオリオン座のベルト部分(cinturão)のことだが、なぜ3人のマリアと呼ぶのかはよくわからない。
それに、ふたご座流星群という名前を持つので、一応ふたご座を見るのであってオリオン座として良いのだろうかと思ったが、流星はふたご座を中心に広い範囲に散らばるから、誰でも知っている星座を目印にした説明がわかりやすいのだろう。
流星雨といっても怒涛のように流れる(torrencial)のではないから、根気よく観察することが大切である、と注意された。

さて実践である。
0時少し過ぎてから言われたようにオリオン座を見る。
オリオン座や近くのシリウスは天頂に近いところにあるので、首が疲れる。
本当は地面に寝転がるのが楽な観察姿勢なのだが、今夜は半袖シャツでは肌寒いくらいなので寝転ぶ気にはなれない。
寝ている犬に気付かれて、舐められたり踏みつけられたらかなわない。

最初に1個流れて、しばらく時間がたったらかなり短時間、2分ぐらいのうちに3個見られた。
上空を飛行機が横切る。
こんな時間にどこへ行くのかと気になり、Flightrader24を始動して確認する。
CM873、パナマ発リオデジャネイロ行きとある。
飛行機からも流星群は見えるのだろうか?
見えるのなら、上に見えるのか、横に見えるのか?

フライトレーダーはすぐ近くをこれから通りかかる飛行機を示す。
CM765、パナマ発ベロ・オリゾンテ行きとある。
これを確認しようと再び外に出たら、今夜で一番大きく明るい流星が流れた。
程なくもう一つ流れて、数えた流星は合計6個であった。

首が痛いと文句を言いながら、40分で3個見た人が満足したと投稿したので、住宅街からこれだけ見えたらまずまずではないだろうか。

上の災いは下の潤い

金持ちと貧乏、または悪徳政治家と庶民の話ではない。
ましてやエロチックな話でもない。

先週末から降っている大雨のため、ミナス・ジェライス州の一部ゾナ・ダ・マタ(Zona da Mata-森林地帯)地方に大被害が出ている。
リオ・カスカという、同名のカスカ川(Rio Casca)の辺りの町は、月曜日(2017年12月4日)には川が10メートル以上増水して、住民の90%に当たる千人以上が家屋浸水のため避難している。
ブラジルの少なくともこのあたりの家は中空床でないから、床上床下の区別はなく、水が開口部から入れば即床上浸水である。

昨日のニュースが興味深かったので考察する。

地図を見るとリオ・カスカはリオ・ドセ(Rio Doce)と合流してから東側の隣州エスピリト・サント(Espírito Santo)州に入りこれを横断して大西洋に注ぐ。
リオ・ドセ水系の西側にサン・フランシスコ(São Francisco)水系があって、その上流域でも大量の雨が降った。
サン・フランシスコ川上流はミナス・ジェライス州内であるが、降って増水した川の水は北上して北東側隣州のバイア(Bahia)州に入り、ブラジル北東地方最大のソブラジニョ貯水池(Reservatório de Sobradinho)に、15日かかって到達する。

ソブラジニョ貯水池の水位は極めて危なく、11月30日で2.62%、12月6日現在2.92%となったが、あと十数日たてばこの大水が貯水池に達することになる。
干ばつが少しは和らぐ恵みの水である。
上流であれだけ悪さをした水を待っている人がいる。

日本とブラジルの大河、信濃川とサン・フランシスコ川の比較表を作ってみた。

歩行時間は時速4キロで歩いて源流から河口まで何日かかるかである。
もちろん歩くのに標高差は考慮せず、平坦だったらの仮定である。
歩く速さで水が流れているならば何日かかるかと同じ計算である。

100m間落差は、100メートル下流は標高が何メートル低くなっているかである。
これも上流から下流まで平均した数字だから、あくまでも参考である。

項目 信濃川 サンフランシスコ川 倍率(SF/Shinano)
長さ(km) 367 2,863 7.80
歩行時間(日) 3.8 29.8
標高差(m) 2,475 1,200 0.48
100m間落差(m) 0.67 0.04 0.06
流量(m3/s) 518 2,943 5.68
流域面積(km2) 11,900 641,000 53.87

思ったより流量の差が少ない気がする。
ついでに書いておくが、サン・フランシスコ川の流域は日本全体(37万8千km2)より広い。

ブラジルでも誕生したらマイナンバー

ブラジルでの個人に関する各種証明書には、出生、結婚、死亡それぞれの証明書があるが、11月21日の政府広報では、これらの変革について発表された。

Certidões de nascimento, casamento e óbito passarão por mudanças; entenda
http://www.brasil.gov.br/cidadania-e-justica/2017/11/certidoes-de-nascimento-casamento-e-obito-passarao-por-mudancas-entenda

すべての証明書に自然人登記番号(CPF – Cadastro de Pessoa Física)が記載されるようになる。つまり出生証明書では、誕生届け出と同時に新しいCPFが登録されて、証明書面に記載されるようになる。

現在、CPFは未成年の場合登録は任意であるが、所得税申告の際に控除のために子供を扶養家族扱いにするときには、12歳以上の場合にはCPFを取得して報告する必要がある。これからは8歳以上でCPFが必須となるだけでなく、誕生してくる子供は誕生時に既にこれを義務的に持つことになる。
ちなみに日本のマイナンバーも出生時に番号が割り振られるらしいから、この点では日本とブラジルが同様になるということだ。

これまでの出生証明書で、父母だけでなく4名の祖父母の氏名が記載されているところは、”genitor”「産み出すもの、父母」と書いてあるらしいが、新形式では”filiação”「親子関係」となり、出生以外の多様な親子関係を記載できるようになり、さらに父親が不明な子供の場合に、これまでの書式で3名の氏名(つまり、父親と父方の祖父母)書き込み欄が空白となって、物心付いた子供が大きな空白を見て傷つくことを避けるために、プリンター出力時に空白を詰めることになる、とニュースでは説明した。

新形式の出生証明書では、育ての親が自発的に自分たちについて記載することを認める。これは子供が何歳の時でも可能である。これまでは裁判所の許可が必要であった。

人工授精(reprodução assistida-補助された生殖)による出産の場合、遺伝情報のドナー識別記載の義務がなくなる。同性婚の場合の子供では父性・母性についての参照なしに両親の氏名が記載されることになるのだそうだ。

出生地の記載規則であるが、文字通り出生した場所である必要はなく、それ以外に生物学上母または養母の居住場所が、ブラジル領土内であるならば登録することが可能になる。

年々性的少数者の増加と社会によるその受け入れ・承認が進むにつれて、性別とか血筋とかの記載がますます複雑になっていく。

サソリに刺された

サソリ、蠍座 = po. (o) escorpião(エスコルピオン)

どの動物が人間を一番殺しているのか…? ビル&メリンダ・ゲイツ財団がまとめた驚きの結果
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/11/don_a_23273992/
この記事内に元記事へのリンクがある。

Why I’d Rather Cuddle with a Shark than a Kissing Bug
By Bill Gates | October 10, 2016
https://www.gatesnotes.com/Health/Most-Deadly-Animal-Mosquito-Week-2016

2015年の世界の殺人動物による死亡者数(上記のサイトから)

Animal 動物 死亡数 備考
1 Mosquito 830,000 マラリアで1分に1人子供が死亡
2 Human 人間 580,000 殺人40万9千、戦争17万2千
3 Snake ヘビ 60,000 神経毒
4 Sandfly スナバエ 24,200 噛まれると寄生虫媒介
5 Dog 17,400 主に狂犬病媒介
6 Kissing bug サシガメ 8,000 中南米特有、シャーガス病媒介
7 Freshwater snail 淡水巻貝 4,400 噛まれる(!?)と条虫・吸虫媒介
8 Scorpion サソリ 3,500 致死毒を持つ種は少ない
9 Tsetse fly ツエツエバエ 3,500 噛まれると寄生虫媒介
10 Ascaris roudworm 回虫 2,700 汚染飲食物から感染
11 Tapeworm サナダムシ 1,600 何年も無症状のことあり
12 Crocodile ワニ 1,000 噛んで潜って溺れさす
13 Hippopotamus カバ 500 ボートを転覆して溺死あり
14 Elephant ゾウ 100 集落を夜襲する
15 Lion ライオン 100 群れで集落を襲うことあり
16 Bee 60 スズメバチは入らない?
17 Tiger トラ 50 喉元を狙う
18 Jellyfish クラゲ 40 ショックの後溺死
19 Wolf オオカミ 10 頭と顔を噛む
20 Shark 6 人は年間1億の鮫を漁獲

元記事に注釈してあるように、誤差の範囲は大きいことに注意したい。
蚊・犬・サシガメのように、病原体を持たない本体には殺傷力のない(犬は違うか?)ような動物を、この勘定に入れてよいのか疑問に思う。
またこれをみて猫派が、ほら見たことか猫は無害だと大笑いしそうだが、猫も狂犬病になるし、トキソプラズマも媒介するはずだ。
突っ込みどころは突っ込まないで、細かいことは気にしないで承知して見よう。

二週間前のことだったが、姪がサソリに刺された。
農場の部屋のベッドに備え付けのクッションがやわらかすぎるからと、クッションを床に直に敷いて寝たのだが、サソリはふくらはぎをよじ登っていたところで、眠っていて無意識に手で払おうとしたらしく、ふくらはぎだけでなく指も刺された。

サソリに刺されたのは初めてで、その他のクモとかヘビとかに刺されたこともなく、当然といえば当然なのだが、これまでに経験したことのない痛みだった。
刺された場所はふくらはぎでも、脚全体がいっせいに痛く感じたと言う。

夜間、家族が運転する車で病院を回ったのだが、そもそも全ての病院が血清を備えているのでなく、子供と老人でないから、2日経てば痛みはなくなるから心配ないと、痛み止めを処方されただけだった。
刺されてから15時間位経ってから見せてもらったのだが、赤く少し膨らんでいたが、思ったより腫れていなかった。
手でいじらなかったらそのまま脚から降りてどこかへ行ってしまったのではないか、とは思ったものの、顔などを歩かれているときに触っていたらよけい酷いことにもなっただろう。

生け捕りはできなかったが、捕まえたサソリの写真を載せよう。
サソリが入っているカップ容器は底に300mlと書いてあるから大きさを想像してほしい。

日本にはサソリは生息しないから、大きさを想像することが難しいと思う。
形がエビに似ているから、なんとなく天丼のクルマエビの大きさを想像していたが、実際はもっとずっと小さい。
エビで言えば、桜エビより少し大きいくらいだろうか。
実際にサソリがクルマエビの大きさだったら大変だろう。
どこかアジアにサソリを食する国があって、世界のルポのような番組でサソリの串焼きを売っている屋台を見たことがあれば、その大きさがわかるだろう。

痛い脚を抱えながら心配になったからネット検索をしたと言って、多少の知識を教えてくれた。
それに加えて聞いたことのあるサソリについての知識、というか言い伝えのようなものをここに書いておこう。
注意しておくが、以下は真実であるか全く確証がないので、これを信じて勝手に自己治療などしないように、筆者は一切責任を持たない。

  • 建築材料が乱雑に放置された庭のような、隠れ家の多い環境を好む。
  • サソリの好物はゴキブリなので、ゴキブリ駆除はサソリ避けになる。
  • ニワトリはサソリを好んで食べるので、庭にニワトリを飼うとサソリ駆除になる。
  • サソリの仲間は(世界で?)数十種あるのだが、ブラジルには簡単に言って、黄色、茶色、黒色があって、今回刺された茶色は一番毒が弱い。
  • 少なくとも毒が弱いとされる茶色のサソリは刺されても、子供や年寄りでなければ心配する必要はない。
  • 体が小さいサソリは大きいものより防御のために毒が強い。
  • サソリの多い場所に住む人は、放置してあった靴を身につけるとき、中にサソリ(やクモなどが)が入っていないかよく確かめてから履く
  • 一匹を見つけて殺すと、必ずそのあたりに連れ合いのもう一匹がいるはずである。
  • サソリに刺されたら、刺したサソリを捕まえでアルコール漬けにして、そのアルコールを刺された部所につけると治るのが早い。

さて、刺されてから一週間後に姪は、触るとまだ少し痒いと言っていた。

天国と地獄が重なる場所

無国籍者に生まれて――安住の地となったのは……
10/3(火) BBC News Japan

ここに載せるのには意義がある。
安住の地となったのはブラジルだからである。
しかしそれだけでなく考えさせられる記事である。

ブラジルは生地主義であるから、両親がブラジル人でなくても領土で生れた人はブラジル国籍を取得するのだが、両親も出生地もブラジルと全く無関係な人を無国籍難民として受け入れるというケースがあるのかと新たな認識をした。

何のゆかりもないマハさんを受入れてくれたのが、彼女の言葉ではブラジルがただ一つの国であったことは、ブラジルは誇って良いと思う。

ビデオを見た印象では、裕福な農場主がホストとなって、マハ・マモさんはブラジルの底辺とは無縁の生活をしているようである。
なお、画面に出る彼女の証明書はブラジルの運転免許証、取得1年未満の仮免許である。

しかし彼女の兄はブラジルで強盗に遭い死亡した。
時計と財布をよこせと言った、強盗の言葉が理解できずに撃たれたという。

ブラジルで安全で暮らすのには、少しばかりのコツと運が必要なのかもしれない。

大きな哀しい喪失があったものの、彼女がブラジルに安住している様子であるのはうれしく、これからも幸福な生活を続けてもらいたいものである。

今はもう無い夏時間の功績

2017/2018年の夏時間の話である。
これまでブラジル政府の嘘を聞かされてきたのだろうか。

毎年の夏時間期間の前後によく報道されたのは、「今年は〇〇パーセント、××レアルの電気代が夏時間のために節約できた」という数字である。

過去の当ブログ記事を見返す。

少し前の話になるが2013/14年の夏時間では、連邦政府は夏時間実施による電力節約を全国総額で50億レアルと試算していた。

さらに以前の2011/2012年の夏時間の要求電力(デマンドと書いてあったが、瞬間的な電力の大きさのことだと理解した)が、夏時間なしと比較して4.6%減少すると試算した。

大量の余剰電力を貯蔵することは難しいので、発電能力は使用量のピーク時に合わせなければ、いくら需要の少ない深夜に電力が余ったとしても電力不足になる。
発電量が不安定な、太陽光とか風力のような持続可能エネルギーだけに頼ることができない理由の一つでもある。

3年前からだろうか、流れが変わり始めた。

2014/2015年の夏の平均発電コストは、前年の夏より高くなるので、いくら夏時間を実施してもこれまでの年のように大きな電気代節約ができない、と発表された。
なぜか?

水力発電は発電量が安定して、コストが安くて、電力需要に合わせて稼働タービン数を増減してある程度電力生産調整ができるし、これに大部分を頼るブラジルはその利益を享受してきた。

反対に水力発電の欠点はといえば、巨大ダム建設は水系を変化させて環境に影響が大きい、立地地形が限られる、需要地から遠いことが多いから送電に金がかかるなどあげられるが、何と言ってもダムに水がなければ発電できない。

地球温暖化と関連があるかここでは問題にしないが、少雨のためダム水位が低いと、やりくりを心配しなければならない。
ダムの水位が低いときには、雨季の大雨が来るまで水をもたせなければならないから、高コストの火力発電所をフル回転させて、できる限り水力のタービン数を減らして発電する。
これが当年夏の発電コストが昔より節減できない理由であった。

最近2017年9月21日の報道である。
政府は夏時間の終焉を検討する
https://www.msn.com/pt-br/noticias/brasil/governo-estuda-acabar-com-o-hor%C3%A1rio-de-ver%C3%A3o/ar-AAshoeD

鉱山エネルギー省の国家電力システム運用部(Operador Nacional do Sistema Elétrico (ONS))は、夏時間導入の目的であった電力代節減がこの時点に至って、効果が無効に近い、もうほとんど効果がないとの結論を出した。

夏時間廃止派の分析は、ブラジル人の消費パターンが変化して、電力負荷の中身の変化を指摘する。
夏時間の効果が高かった昔は、まだ日の高いうちに仕事を収めれば、工場や事務所の照明や機械の電源を切断するから節電につながっていた。
今は伝統的な労働時間の枠が崩れて、夜間に仕事や活動を行う人が増え、帰宅時間が遅くなっていることがある。
見落とせない消費パターン変化は、昔は見ることのなかった家庭のエアコンが普及して、早く仕事を切り上げて事務所のエアコンを切断して家に帰っても、日がまだ高くて暑いから、家庭のエアコンの稼働時間がとうしても長くなる傾向がある。

しかしながら夏時間存続派の意見は、たとえ節電経済効果がなくても、商業と観光業へはプラス効果を期待する。
人々は「1時間余計に金を使う時間ができる」というのがその理由だ。

続く2017年9月26日の報道である。
政府は夏時間の維持を決定
http://www.msn.com/pt-br/noticias/brasil/governo-decide-manter-hor%c3%a1rio-de-ver%c3%a3o/ar-AAsrRWw

ブラジル夏時間の第1回目は1931/1932年の夏であり、1985年からは毎年実施している。
2016/2017年夏時間の節電効果は1億6千万レアルで、電力部門全体の大きさと比較して小さいと評価を受けている。

前の記事の事実を認めた上で、2017/2018年の夏時間の実施を決定した。
期間は2017年10月15日0時に時計の針を1時間進め、2018年2月18日0時に1時間遅らす。
夏時間継続期間は126日である。
実施地方はブラジルの南部、南東部、中西部である。