韓国製巨大鉱石船はやわなのか?

ブラジルのVale社が所有する韓国製の巨大鉱石船の戦略や、その内の一隻が座礁したことなどを昔書いた。

続編ではないが新ニュースである。

現在2人のフィリピン人船員が、韓国のPolaris Shipping社が運用するマーシャル諸島共和国船籍のStellar Daisy丸(外国の船に丸とつけるのも変な感じがするが)は、急速に沈んでいったと証言した。

積荷26万トンの鉄鉱石と共に、16人のフィリピン人船員と8人の韓国人船員が乗船したこの巨大船は、リオデジャネイロ州のイタグアイ港を先週出発して中国へ向かっていた。

全長312メートルの巨大船から会社への最後の通報は2017年3月31日金曜日にあり、船への浸水について訴えたという。

「生存者たちは大音響を聞いた。すぐに乗組員は、船は割れつつあって、直ちに退船するように言われた」
と、ウルグアイ海軍の報道官がBBC Brasilに語った。

2人のフィリピン人は海に飛び込んでから、水面に放たれたボートの一つにたどり着くことができた。

ブラジル海軍によると、Stellar Daisy丸はモンテヴィデオから3千7百キロ、リオデジャネイロから2千5百キロの海域で消失した。

ウルグアイ海軍報道官によると、残りの22人を捜索中であるが進展は今のところ無く、時間が経つにつれその可能性は少なくなってゆく。

捜索はブラジル海軍とアルゼンチン海軍の協力の下、ウルグアイ海軍により行われている。ブラジルのフリゲート艦が木曜日に遭難域に到着予定で、ブラジルの航空機が生存者を求めて上空を飛行している。

「現在のところ原因は不明だ。生存者は沈むのを見た。非常に速かったと言った。本当に船体が分断したかは言わなかった」ウルグアイ海軍報道官は話した。

巨大であるが、Stellar Daisy丸は何隻かの救命ボートしか形跡を残していない。海域の商船が発見したそれらボートは空だった。

捜索域には強い燃料臭があったという。そのため燃料タンクの破断か機関室への浸水が疑われる。

遭難地は公海であるが、ウルグアイ政府が捜索と救命に責任を持つ海域である。

金曜日から遭難地付近を航行している商船は捜索に駆けつけて、2人の生存者もそれらの1隻にいるらしい。

「彼らの健康状態は悪くないので、その船の手当で十分である。」
と報道官。

彼らは金曜日から翌土曜日まで24時間ほど救命ボートで救助を待っていた。

その船、エルピーダ丸はシンガポールへ向かっていたが、捜索が終了したら行程にもどって、そこからフィリピン人は故郷へ帰る。

韓国の巨大貨物船は「急速に沈んだ」、生存者は肯定する。
Cargueiro gigante sul-coreano ‘afundou em alta velocidade’, afirmam sobreviventes
Júlia Dias Carneiro Da BBC Brasil no Rio de Janeiro
3 abril 2017

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中