犬は犬舎、猫は病舎

「犬小屋のことを英語で何と言うか知ってるか?」
「犬寝る」
というのを最後に聞いたのはずいぶん昔のことである。

しかし昨日、隣家で「ガチウ」を作ったと聞いた。
この単語はgatilと書く。
初めて聞く単語である。

CANIL

現代ポルトガル語辞典 1996年 白水社によると
canil 男性名詞 複数形 canis 犬小屋

Google翻訳にかけると
po -> en dog kennel
po -> ja 犬小屋

Dicionário Brasileiro da Língua Portuguesa, Michaelisでは
canil sm
1 Abrigo ou alojamento para uma matilha de caça ou de cães domésticos.
2 por ext Casinha de cachorro.

全部載っている。

GATIL

現代ポルトガル語辞典 1996年 白水社によると
見出し語gatil存在しない

Google翻訳にかけると
見出し語gatil存在しない

Dicionário Brasileiro da Língua Portuguesa, Michaelisでは見つかった
gatil sm
1 Lugar onde se abrigam, se hospedam ou se criam gatos.
2 Espaço de criação de gatos destinados à comercialização.

日本語にしても、犬小屋とか犬舎という単語はよく聞くが、猫小屋はともかく猫舎と言うのは聞いたことがない。
漢字変換を試みると病舎というのが出てきて、病院みたいである。

日本語・ポルトガル語両言語での、この犬猫の不公平は、猫は独立小屋を与えられることがまずなくて、人様のベッドとかソファとか家具の上で適当に寝たり、そこら辺の空き箱に収まるというその習性からくるものだろう。

真面目な話をすると、canilとgatilには語源的にすっきりしないところがある。

犬はラテン語でcanis、犬の学名(属名)もCanis、わかりやすい。
だからおおいぬ座は星図にCanis Majorと書かれている。

ポルトガル語でオス犬はcão、メス犬はcadelaが正式なようだが、通常にはcachorro(オス), cachorra(メス)の方がよく使われる。
カショホ(ハ)と読む。
「犬の」形容詞はcanino、そうして犬舎はcanil、語源は全部同じなようで、とてもわかりやすい。

一方猫である。
Google翻訳が働かず、猫はラテン語で何と言うのかわからない。
猫の学名(属名)はFelis、「猫の」形容詞はfelino、ここまでは良い。
フェリス女学院はここから来たのか?メス猫学院なのか?と思ったがそうではなく、Ferrisという名字であった。
猫関係の星座はやまねこ座Lynxというのがあるが、この語とは関係なさそう。
ポルトガル語ではオス猫はgato、メス猫はgata、そして猫小屋はgatil、英語のcatに近い気がするが、felisとの関係はよくわからない。

猫箱や猫ちぐらの翻訳は間違っても、「ニャンネル」でも「フェリウ」でもなく、「ガチウ」ということである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中