ブラジル人も心配するリオ五輪

調査機関 IBOPE が実施した、自国開催二大スポーツ大会についてのブラジル人の意識調査を、新聞 O Estado de S. Paulo が発表した。
ワールドカップ・2014年ブラジル大会とオリンピック・2016年リオデジャネイロ大会を比較している。

大会で何が重要か
2014 WC 51% ブラジル優勝
24% 大会の運営
25% 回答なし
2016 OG 59% 大会の運営
31% ブラジルの成績
10% 回答なし
利益・損失どちらの結果となるか
2014 WC 43% 利益
40% 損失
17% 回答なし
2016 OG 60% 損失
32% 利益
*8% 回答なし

これを見たらわかるように、ブラジル人も大会の運営がうまくいくかどうか心配しているし、オリンピックとは、土建屋と癒着する政治家だけが儲かる、壮大な無駄遣いではないかと気づいているのである。

ワールドカップはいわば、ブラジルでは一年中やっているフットボール大会の総集編のようなものだから、「慣れている」とはいえるだろう。
反面、オリンピックは新しいことばかりであり、多少の不都合があっても仕方がないと思っているようである。

昨日のニュースでは、アトランタでは情報系が最初滅茶苦茶だったとか、アテネは工事が遅れていて開催が危ぶまれたとか、北京は大気汚染が酷かったとか、言い訳めいたことを言っていたが、リオは下手したらこれら全てが、大気汚染の代わりには水質汚染であるが、起きかねないところが、まあ心配ではある。
大会8日前の今までのところ自力でやってきて、投げ出したりIOCや他の国に泣きついたりとかはしていないから、しっかり気を入れてほしいものである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中