日伯ストーカー事件、相似と相違

日本ではアイドルが待ち伏せストーカーにナイフで二十数か所刺されて重体、という事件が起きた。
たまたまブラジルでも最近同様な事件が起きている。
2016年5月21日の土曜日のことであった。

まず両事件の似ている点から、

  • 被害者のアイドル性
    日本―大学生アイドル20歳
    Brasil―モデル・司会者35歳、興味ある人は”Ana Hickmann”を検索
  • 加害者
    日本―27歳男性
    Brasil―30歳男性
  • 加害者は遠征した
    日本―「当日、彼女と会うために京都から新幹線で出てきた」京都から東京へ456㎞
    Brasil―ジュイス・デ・フォーラからベロ・オリゾンテへ257㎞
  • 加害者は待ち伏せした
    日本―駅で2、3時間待っていた
    Brasil―前日から同じホテルに泊まっていた
  • SNSの存在
    日本―Twitterなど
    Brasil―Instagram/Facebookなど
  • ストーカーの活動
    日本―プレゼントを贈る、SNSに執拗な書き込みをしてブロックされる
    Brasil―SNSに求愛としつこい書き込みをしてブロックされる

似ているのはここまで、相違点というと、

  • 使われた武器
    日本―ナイフ
    Brasil―銃
  • アイドルの被害
    日本―意識不明重体
    Brasil―負傷なし、ただし隣にいたマネージャーが重傷
  • ストーカーの運命
    日本―逮捕されたが無傷
    Brasil―死亡

最大の相違点はストーカーの運命である。
日本で起きた事件の詳細はここで述べず、ブラジルの事件のみ話す。

アイドルはマネージャーと一緒にイベントに備えて、ミナス・ジェライス州都ベロ・オリゾンテのホテルの一室にいた。
ストーカーは部屋のすぐ外にいたマネージャーの夫でアイドルの義理兄弟(夫の兄弟)にあたる男をピストルで脅して部屋に通させた。
部屋に入りアイドルを認めたストーカーは、「何で俺に冷たくするのか」と銃を突きつけながら責め始め、アイドルは気を失い、隣に座っていたマネージャーにもたれかかるように倒れた。
ストーカーは射撃を始めたので、マネージャーの夫は止めようとして二人はもみ合いになった。
マネージャーは腕と腹部に被弾して負傷した。
マネージャーの夫はストーカーの武器を取り上げることに成功して反撃に転じた。
意識を取り戻したアイドルは格闘する男たちから、室外に逃れ助けを求めた。

結局どれだけ人的被害があったか。
マネージャーは意識はあるものの腹部重傷で集中治療を受けており、頭部に反撃弾を受けたストーカーは死亡した。

警察は捜査をしているが、マネージャーの夫は正当防衛が認められそうである。
もっとも、加害者死亡のため、被害者側の証言しか残っていない。

銃のあるなしと、被害者が一人だったかどうかが運命を分けたといえよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中