2013年12月発表、ブラジル携帯会社順位

シェアを重視して自分の携帯のキャリアを選びたいという人に、これを見てほしい。

Brasil tem mais de 270 milhões de linhas de telefonia móvel
http://economia.ig.com.br/2013-12-31/brasil-tem-mais-de-270-milhoes-de-linhas-de-telefonia-movel.html

ブラジルの移動体アクセス数(acessos móveis)-アクセスという単語は、Anatelの発表記事ではセッションではなく契約者数という意味-であるが、2億7,052万に達したという記事だ。
今日12月31日のAgência Nacional de Telecomunicações (Anatel) 国立テレコミュニケーション庁の発表による。
Anatel発表のデータをみると興味深い事実がみえる。

大部分はプリペイド(pré-pagos 複数形)で78.37%、残りが後払い(pós-pagos)であるのが、ブラジル携帯契約方式の特徴だ。

ブラジル全住人1人あたりにすると1.3624回線である。
言われると怒る人もいるだろうが、役人天国の連邦共和国首都の連邦区(Distrito Federal)の住人は、ブラジルの全州の中でただひとつ、一人当たり2回線を超える2.2142回線を所有しており、最貧州の一つといわれる、ブラジル北東部のマラニョン(Maranhão)州は、全州の中でただひとつ、一人当たり1回線を下回る0.9697回線を分け合う。

移動体ブロードバンド(banda larga móvel – WCDMA, 3Gデータ端末, LTE)の数は9,640万、その中で92万3千はLTE(4G – 第4世代)である。
有力な通信方式はGSMで61.33%、次にWCDMA(3G)で32.70%、残りは、クレジット・デビットカード通信端末(3.02%)、3Gデータ端末(2.60%)、LTE(4G)(0.34%)などを含めて、6%に満たない。

ブラジルの移動通信サービスのシェアは次の表のようになった。

順位 キャリア 13年11月 12年4月
1 Vivo ヴィヴォ 28.71% 29.75%
2 TIM チン 26.99% 26.89%
3 Claro クラロ 25.23% 24.48%
4 Oi オイ 18.55% 18.57%
5 CTBC セテベセ 0.36% 0.28%
6 Nextel ネクステル 0.09%

数字からは3強1弱他泡沫の印象を受けるが、Oiは元々別々だった、ブラジル国土の約半分の州で最優位の固定電話会社(Telemar)と携帯電話会社(Oi)が合併したものなので、州によって強いところ、弱いところがあるが、数字ほど弱いという印象はない。
リオデジャネイロを旅行するとわかるが、公衆電話はどれも「オイ」と書いてあって、そのたびに呼ばれた気分になる。
大井さんは電話会社オーナーになった気分が味わえるだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中