2013年のキリスト教移動祝日

今日はクリスマス、かなり暑い日だが、来年に思いを馳せよう。
キリスト教行事の中には、毎年、天体の月の動きに応じて移動するものがある。

年の後半にある、だれでも知っているクリスマスは12月25日、ブラジルでは死者の日(Finados)と呼ばれる万霊節は11月2日-これは日本ではハロウィンの2日後と言ったほうが通りが良いかもしれない-と決まっているが、年の前半にある宗教祝日は移動するものが多い。

2013年の移動宗教祝日を下に一覧表にしてみた。
復活祭の日、2013年ならば3月31日日曜日が、すべての移動祝日の基準になっていると言ってよい。
2013年の3月分点、つまり北半球の春分の日は3月20日、その次の満月の日は3月27日だ。

ブラジルで任意休日(ponto facultativo)になっている日と、特に休日になっていない日がある。
任意休日というのは、職種組合や職場によって、休日とするか勤労日とするか異なるのだが、大部分の勤め人にとっては、普通の休日と変わらない。

行事 日の決まり方 2013年 休日種類
カーニバル
Carnaval
週末から
灰の水曜日前日4日間
2月11-12日月火曜日 PF
灰の水曜日
Quarta-feira de Cinzas
復活祭46日前
の水曜日
2月13日水曜日 14時までPF
四旬節
Quaresma
灰の水曜日から
復活祭前日
枝の主日
Domingo de Ramos
復活祭7日前
の日曜日
3月24日日曜日
聖週間
Semana Santa
枝の主日から
復活祭前日
キリスト受難日
Paixão de Cristo
復活祭の2日前
の金曜日
3月29日金曜日 PF
復活祭
Páscoa
北半球春分の次の
満月の次の日曜日
3月31日日曜日
ペンテコステ
Pentecostes
復活祭の49日後
の日曜日
5月19日日曜日
キリスト聖体の日
Corpus Christi
復活祭の60日後
の木曜日
5月30日木曜日 PF

2013年12月14日追加

ポルトガル語でクアレズマ quaresma と呼ぶ四旬節は、ポルトガル語の序数、「第40の」クアドラジェジマ quadragésima (形容詞の女性活用形)、元のラテン語ではアクセントがないだけのquadragesimaが語源になっているという。

ということは四旬節は40日でなければならない。
日本語でもその意味である。
日数計数については、wikipediaのLentにカレンダーを使って説明してあるのがわかりやすい。

四旬節の期間について、このブログに1年半にわたり、誤った情報をのせていたことがわかった。
上の表は正しくなっている。
ここで訂正しておわびいたします。

40という数字は聖書をみると特に意義のある数字である。
イエスが荒野で断食してサタンの誘惑と戦ったのが40日間であった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中