追悼 オスカー・ニーマイヤー

オスカー・ニーマイヤー(Oscar Ribeiro de Almeida de Niemeyer Soares)氏が亡くなった。
104歳と長生きだった。
あと10日生きていたら、105歳を迎えることになっていた。

ブラジルで一番有名な建築家である。
ブラジルの地理的中心に新首都を建設して、リオデジャネイロから遷都するという大事業にあたって、新都市の設計の核となったのはこの人だ。
こんなに多数の建物を、一人の設計に任せて良いのか、ほかの建築家の出番も作ったらどうか、と思うほど、たくさんの設計をした。
新首都の統一感を徹底したかったのだろう。

このブログの表題写真に氏の代表作品のひとつ、ブラジリアのカテドラル内部を撮影した古い写真をのせて、この偉大なブラジル人建築家を偲びたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中