コンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会チケット販売予告

コンフェデレーションズカップ Copa das Confederaçõesは来年6月、もう7ヶ月後までに迫った。
会場は既報の通り、6つとなっている。
ブラジリアは開幕戦、他の都市は3試合ずつ行われる。
2012年11月8日、サンパウロで発表された。

発表前まで、スタジアム建築が遅れているレシフェとサルバドルが心配されていた。
ブラジルの組織委員会は、FIFAの定める期日までのスタジアム完成を約束した。
ブラジルフットボール連盟(CBF)会長José Maria Marin氏は、6会場での開催を高らかに確認した。
“Belo Horizonte, Brasília, Fortaleza, Salvador, Recife e Rio de Janeiro”

FIFAのコミュニケーションディレクター Walter de Gregório氏は、施設完成は一日の遅れも許されない、と釘をさした。

ブラジル政府スポーツ相Aldo Rebelo氏は、
「スタジアム、主要な交通機関スタジアム周辺工事はコンフェデレーションズカップに間違いなく間に合うように完成する」
と確認した。

最終期限は2013年4月15日だ。
工事が進んでいるのはフォルタレザのカステロンと、ベロ・オリゾンテのミネイロンだ。

都市名(北から南へ) スタジアム名 進捗度
Fortaleza – CE Castelão 94%
Recife – PE Arena Pernambuco 70%
Salvador – BA Fonte Nova 80%
Brasília – DF Mané Garrincha 81%
Belo Horizonte – MG Mineirão 93%
Rio de Janeiro – RJ Maracanã 75%

この表を見ると、リオのマラカナンもブラジリアのマネ・ガリンシャも数字の上では遅れているではないかと思うのだが。

「私は楽観派の一人だ。全てコンフェデレーションズカップに間に合う」
ブラジル組織委員会メンバーである、日韓大会で大活躍したロナルドは語った。

12月1日には組み合わせ抽選会が行われる。
既に8つの内7つの参加国が決定している。

現世界チャンピオンのスペイン、ヨーロッパ2位のイタリア、アメリカチャンピオンのウルグアイ、アジアの覇者日本、オセアニアの勝者タヒチ、開催国ブラジルだ。
アフリカチャンピオンは2013年初めに決定する。

この日同時に、入場券発売方法が明らかになった。
入場券はインターネットを通じて購入可能になる。
入場券発売は12月3日から行われる。
最も安い券は57レアル、最も高い券は418レアルになる。
学生・老人・bolsa-família 参加者(ブラジルの生活保護プログラム)は最も安い席を半額、28.50レアルで購入することが可能だ。

(http://g1.globo.com/jornal-nacional/noticia/2012/11/cbf-anuncia-que-copa-das-confederacoes-tera-seis-sedes.html
を参考した)

翌日になってなにかおかしいのに気づいた。
7カ国が決定済みと言っているのに、あげられているのは6カ国だ。
元サイトを引用しよう。

No dia 1º de dezembro vai acontecer o sorteio dos grupos da Copa das Confederações que já tem sete dos oito participantes confirmados.

Espanha, campeã do mundo. Itália, vice-campeã europeia. O Uruguai, campeão da América. Japão que conquistou o título na Ásia. Taiti, vencedor da Oceania. E Brasil, o país sede.

O representante africano só vai ser decidido no inicio de 2013.

ニュース報道のビデオも見た。
確かにメキシコがすっぽり抜けている。
ウルグアイは南米サッカー連盟(CONMEBOL Confederación Sudamericana de Fútbol)の代表であり、メキシコは北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF Confederation of North, Central American and Caribbean Association Football)の代表だから、上の文でアメリカチャンピオン・ウルグアイというのは間違っている。
先のオリンピックの恨みがあるのか?
メキシコ大使館が抗議するぞ。

2012年11月22日追加

Copa das Confederações
Fifa inicia pré-venda de ingressos para a Copa das Confederações; espera é de 30 minutos
Por ESPN.com.br
http://espn.estadao.com.br/noticia/294262_fifa-inicia-pre-venda-de-ingressos-para-a-copa-das-confederacoes-espera-e-de-30-minutos

こういう記事が出た。
FIFAはコンフェデレーションズカップのチケット先行販売を今日2012年11月21日水曜日に開始して、その待ち時間は30分ということだ。
VISAクレジットカードを持っている人は、ここでカテゴリー1から3までと障害者優待席を購入できる。

購入のために、FIFAスポンサー(つまりクレジットカードVISA)の顧客は、まずFIFAのサイトで登録が必要だ。
FIFAサイトをみたら、ファーストネーム、ラストネーム、メールアドレスを入れてBegin Registrationボタンを押すようになっている。
そのあとで待ち行列に入る。
記事によると、正午ころ、サイトの待ち時間は約30分だった。
今午後10時ころだが、試してみたら10分程度でサイトにつながった。
一人で6枚まで購入できる。
12月1日のグループ組み合わせ抽選前だから、スタジアム地元のファンが自国他国関係なく試合を見たい場合にチケット先行購入することになるのだろう。

開幕戦1試合のみのブラジリアを除く5会場の、それぞれの通し券(2ないし3試合、決勝・準決勝は除かれているようだ)も発売される。

その他の人はチケット販売は12月3日からとなっている。
発売日はグループ抽選の後だから、購入時にどの国の試合かわかっている。
そしてカテゴリー1から3に加え、一番安いカテゴリー4も販売される。
カテゴリー4には、学生、老人、Bolsa-Família受給者向けの半額チケットも含まれる。

さて、読者コメント欄を見ると、FIFAのサイトの作りが悪いためか、クレジットカードの購入確認がないとか、そのためにダブって購入してしまったが、キャンセルの仕方がわからないとか、自分のCPFははねられたので父親のCPFを使って購入したとか、そんな例があげられている。

CPF (Cadastro de Pessoas Físicas)を求められるということは、ブラジル居住者、海外居住でもCPF所有者を対象にしているということだろう。

翌日になって
http://esporte.ig.com.br/futebol/2012-11-22/venda-de-ingressos-da-copa-das-confederacoes-bate-recorde-em-24-horas.html
という記事があった。

24時間のチケット売上は7万4千席という記録。
この段階(つまりVISA顧客優待プログラムである先行販売)での開幕戦および決勝戦のチケットは売り切れた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中