ブラジルの街で車を運転するときの注意

ブラジルの街の安全情報で、自動車を運転する場合の注意である。

2011年第3四半期、サンパウロ市だけで10,696台の自動車が盗難に遭った
2010年同期間の盗難台数と比べて、約2千台も増加した。
サンパウロ市公安局の発表のこの数字は、一日で116台、1時間当り5台が盗難被害になる勘定だ。

児童心理学者Rosana Molinari氏は、2011年に2回車を盗まれた。
2回目は車は回収できたが、パネルは破損し、スペアタイヤがなくなっていた。
2回とも駐車した場所は、サンパウロの伝統ある地区の路上だった。

サンパウロ州・軍警察のcapitão Cleodato Moisés氏は、駐車する場所はできるだけ照明が明るくて人通りの多いところをすすめる。

この時期に多いスキは、買い物後、袋を車のシート上に置いておくことである。
泥棒の格好の撒き餌となる。
このようなものは全部トランクにしまうことだ。
車の中を見渡して、金目のものが何も目につかないようにする。
車のオーディオは外しておく。
ブラジルに多いのは前面が取り外しできるモデルである。
前面を外して車から持ち出せば、泥棒の注意を引かない。

運転中は注意に怠りなく、できるだけ中央寄りの車線を走ることだ。
強盗は道路の端に近い車線を好む。
ただ、みんなが中央寄り車線を走りたがったらどうなるかは知らない。
赤信号などで止まらなければならないときはできるだけ前の車との間に距離を置いて、異常を感じたら少しでも移動できるようにする。

家の車庫へ入る前は、通りに怪しい人影がないか確かめる。
車庫へ入れるときは、バックで入庫する。
注釈しておくと、ブラジルの道路や車庫は日本のものより広くゆったりしているので、前向きに入庫する人が多い。
日本では道路も車庫も幅が狭いので、バックで入れないと入らない場合も多いので、条件がかなり違う。
車で外出するとき強盗が通りで待ち伏せしていて、車が後ろ向きにソロソロ出てくるのを見ると、運転手の視界に入る前にすばやく車のそばに近づき、運転者を脅すことが可能だ。
もし車が前向きで出る場合は、強盗は発見されやすいので、実行を思いとどまる可能性がいくらかある。

(Globo Jornal Hoje 20/12/2011 13h41 – Atualizado em 20/12/2011 13h41から)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中